Yufu Blog

ピアニスト、伴奏者、ピアノ講師をしています。 桐朋→ Manhattan School of Music(NY)卒業

Yufu Blog

ピアニスト・ピアノ講師の Yufu のブログです♪

【英語多読】170万語達成報告💫Kindle Unlimitedを活用🧙‍♀️⚡️

MENU

思いがけず早く達成してしまい、連続の英語多読についての投稿になってしまいました(˶‾᷄ ⁻̫ ‾᷅˵)


今回は、Amazonの電子書籍読み放題サービス「Kindle Unlimited」で読める本が、大半を占めています。
Kindleって便利。知ってたけど、やっぱり便利です。

 

170万語通過本

Harry Potter and the Chamber of Secrets

YL9.4 / 85,141語

久々のハリー・ポッター!*\(^o^)/*

第2巻の『ハリーポッターと秘密の部屋』です。

 
Kindle Unlimited 対象作品なので、有難い(^q^)
日本語版は小学生の時に一度読んだきりなので、古の記憶と化しており、新鮮な気持ちで楽しみました。
 

170万語までの読了本一覧

No. タイトル YL 語数 読了日
1 Curious George Flies a Kite 2.0 2,303 2021/07/02
2 Harry The Happy Mouse (Harry The Happy Mouse #2) 1.1 1,000 2021/07/10
3 Viking Tales (MMR3) 3.0 11,500 2021/07/29
4 Ralph the stinky dog. 3.5 1,000 2021/07/31
5 A Tiger's Story 3.5 8,600 2021/08/12
6 Harry Potter and the Chamber of Secrets 9.4 85,141 2021/08/19


以上、約1ヶ月、6冊での10万語達成でした。


のんびり読んでたけど、やはり『ハリー・ポッター』みたいに語数が沢山ある本を取り入れると、10万語達成が早いですね。

このくらいの分厚さの本を気軽に読めるようになったら、10万語ごとの達成報告は不要になりますね。いつになることやらですが( ˊᵕˋ ;)


ありがとう、Kindle

実は、前から気になっていた 防水機能付きのKindle 買っちゃいましたーー!!!

f:id:lemonpanic:20210824023235p:plain
↑今読んでいる『Nelson Mandela: A Biography for Kids About The History & Life Story of Nelson Mandela』より。
字も絵(写真)も目に優しく、白黒ですがクリアーに見えます。


ちなみに、色は「プラム」にしました。
最近流行りのくすみカラーっぽくて可愛いのです。写真で伝わるかなー?(*´ω`*)♡


これを購入してから、念願の「Kindleでのお風呂読書」が出来て、とてつもなく快適でこざいます。うふふ。


そして、元から持っていたKindleよりも軽いし、持ち運びが断然楽です! オススメすぎる。

 

本の紹介💁‍♀️

YLが易しい順から、1冊ずつの感想と紹介です。
Kindle Unlimited」多めなので、登録されている方は是非読んでみてください♪

Harry The Happy Mouse

YL1.1 / 1,000語

Kindle版が無料になっていた時期にゲットした絵本なのですが、この記事を書いている現在は Kindle Unlimited の対象本になっています。

単独の絵本かと思っていたら、シリーズものの第2巻だったようです。知らなくても問題なく読めたよ。

カラフルな絵で癒される、優しいお話でした(*´ω`*)


 

Curious George Flies a Kite

YL2.0 / 2,303語

「Curious George」シリーズは、日本でも親しまれているし、簡単な単語でこんな言い回しも出来るんだ〜!という発見も時々あるので、息抜きにちょうど良く、おすすめです。何より可愛い!!!(*´ω`*)

GRばかり読んでいる人は、初めてのLRにも最適かも。

 

Ralph the stinky dog.

YL3.0 / 1,000語

Kindle Unlimited。

こちらは思いがけず、絵本でした。野良犬だったラルフくんと男の子の友情物語。

 

A Tiger's Story

YL3.5 / 8,600語

Kindle Unlimited。

Hunterに追われる運命と戦う、絶滅危惧種のトラの話。
前半は両親の話、後半はその子どもの話で分かれています。

トラが絶滅危惧種って今まで知らなかった。英語だけでなく、そちらも勉強になりました。

 

Viking Tales (MMR3)

YL3.0 / 11,500語

北欧神話。
子どもの頃に読んでいた『魔探偵ロキ』という漫画を思い出して、懐かしくなりました。

GRを久々に読んだのですが、「YL3ってこんなに簡単なの?!」とびっくりしました。
やっぱりMMRは読みやすいなあ。地元の図書館にレベル3までしかないのが本当に残念( ⌯᷄ω⌯᷅ )

 

Harry Potter and the Chamber of Secrets

YL9.4 / 85,141語

大人気シリーズ「ハリー・ポッター」から、第2巻の『ハリーポッターと秘密の部屋』。


ロンの妹・ジニーがホグワーツに入学したり、ハリーの前にHouse-Elfのドビーが現れたり、「闇の魔術に対する防衛術」の授業には、女性に大人気のロックハート先生が着任したりと、何かとバタバタする回ですね。


実は、最初はあんまり読書が進まなくて、「そういえば日本語版でも『秘密の部屋』は然程好きじゃなかったんだよね(。≖‿≖)」等と心の中で言い訳してましたが、後半は一気読みでした。


一冊読み通しての感覚としては、この本のおかげでイギリス英語に慣れてきました

これが一番の収穫かな。そりゃこれだけ語数あればね。
sweater」をイギリスでは「jumper」と呼んでたり、そういうちょっとした違いにも、読んでいるうちに慣れてきました。

あとイギリス英語ではないと思うけど、今回学んだ単語は「four-poster」。
皆がよくこの上に座るので「4つのポスターの上に座る…?床に貼ってるのか?斬新すぎでは…」と考えてしまったのですが、ググったら「4本柱のあるベッド」のことでした。
同じことを疑問に思ってる人が何人かいて、海外の掲示板で質問されていて笑いました😂😂


ちなみに、アメリカ留学前に英語を教えてくださっていた先生たちは、「英語の本を読むのは語学勉強にとても良いからオススメ!だけどハリー・ポッターで英語の勉強はしない方がいいよ!クィディッチなんか覚えても何にもならない」とよく仰ってました*1が、私個人の意見としてはね、好きであれば別に良いと思う。


一冊の本を読み切るためには、物語への「没入感」が大きな力であると思います。
『ハリー・ポッター』という作品には、読者を物語の世界ににぐいぐい引き込んでくれる力があって、読ませてしまう。それが多読に向いてるんですよね。


シリーズ全体で100万語を超えるらしいので、読み切る頃にはイギリス英語にかなり慣れるでしょうね。
しかし、実は私は日本語版でも全部読んでいないのです…。てへぺろ☆(・ω<)(好きなキャラが亡くなったので萎えてしまった笑)
 

さいごに

調べてみると、「Kindle Unlimited」で読める多読本も、結構あるものだなぁと感心しました。
まだまだあるので、これから読んでいくつもりです。


『ハリー・ポッター』も全巻対象になっているので、その気になれば読めるけど、日本語でも途中で断念した経験があるので、どうかなぁ……


とりあえず第3巻が一番好きなので、そこまでは原書で読んでみたいなあと思っています。



人気ブログランキング
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

*1:しかもその頃、わたし多読してなかったし、『ハリー・ポッター』読みたいなんて一言も言ってないのに、何故か『ハリー・ポッター』で語学学習することについてイギリス人に猛烈に批判された。きっとそう言う生徒が沢山いてストレスが溜まっていたのでしょう笑笑