Yufu Blog

ピアニスト、伴奏者、ピアノ講師をしています。 桐朋→ Manhattan School of Music(NY)卒業

Yufu Blog

ピアニスト・ピアノ講師の Yufu のブログです♪

4月の読了本:4冊


年末から慌ただしくて読書の余裕がありませんでしたが、4月に入ってようやく本が読めました!幸せだー(*´○`)!!



読んだ本

キネマの神様 ディレクターズ・カット


『キネマの神様』は、志村けんさんが主演をするはずだった映画(そして菅田将暉くんが出る!)なのだけれど、コロナの影響で公開が延期されていますね。

最近になって、原作が原田マハさんの同名小説だと知り、「よし読もう」と勢いよく手に取ったものの、映画のノベライズである『ディレクターズ・カット』版を間違えて手に入れてしまったようです。

この本は、山田洋次監督と原田マハさんの解説によると、原作に大幅な変更を加えて映画化され、さらにそれを原作者であるノベライズ化したものだそう。何てややこしい。


今年に入ってから全く本を読めていなかったのですが、予想外に数時間で読んでしまいました。映画化のノベライズだからか、読んでいて映像が頭に浮かびました。
読みやすいので、普段あまり本を読まない人にもおすすめ。

作中の「ゴウ」さんは、原田マハさんのお父様をモデルにされているそうで、お父様が亡くなられた時に、棺に原作の本を忍ばせたそうです。
そういうことを加味して作品を読むとぐっと来ます。近いうちに原作も読みたいと思います。



出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった一年間のこと


長いタイトルが印象的ですが、なんとこれ実話のようです。

遊べる本屋こと「ヴィレッジ・ヴァンガード」(以下ヴィレヴァン)の店長をしていた花田さんが、「X」という出会い系サイトを使って実際に見知らぬ人と会い、その人に合いそうな本を紹介して回るという実話です。
タイトルそのままなので何も紹介出来てないな、これじゃあ(笑)

私が面白いなあと思ったことは、以下の三点。

  • 「X」は恋愛目的のサイトではない
  • 花田さんの頭の中に一万冊以上の記憶データがある
  • 実際に行動に移してしまう勇気と大胆さ


まず、恋愛目的のサイトではなく、「30分お茶を飲みながらお話しましょう」くらいのスタンスのサイトなので、ビジネス的な出会いも出来るし、性別関係なく会うことが出来るのが面白い。
もちろん出会い系だから変な人もいるんだけど、全員が全員変な人じゃなくて、ちゃんと(?)友情も成り立っていったりして、試行錯誤しながら進む花田さんの成長過程が見えるのが面白かったです。

普通の本屋でなく、雑貨やCDも取り扱うヴィレヴァンで働いてる方なので、知識が幅広い(ちょっとサブカル系)のも面白かった。
自分は読んだ本も片っ端から忘れていくような感じなので、見習う(笑)

知らない人に一生懸命本を紹介して回っても、利益になることでもないだろうに、周りの人に色々アドバイスを貰って、最終的に「ブックコンシェルジュ」という職業にしちゃったんだからすごい。
自分も何かおすすめして欲しいな、と思ってしまいました。



帝国の娘(上)(下)


Kindle Unlimited で何気なく選んだ本なのだけど、王道で読みやすく、面白かった!!

著者の須賀しのぶさんは、上智大学の文学部史学科を卒業されているらしいのですが、架空の物語でありながら地理・歴史がきちんと世界観として作り上げられているのが素晴らしい。

重厚な世界観なのに、ライトに読める。(端的に言って最高では?笑)

今の気分に完全に合っているので有り難く読みました。
一応これで話は完結しているのですが、実は「流血女神伝」という全27冊のシリーズの最初の作品だったそうです。長い…!

長いシリーズは普段なら手を出さないのですが、知らずに読み始めてしまったし、とても読みやすく面白かったので、この先もどんどん読んでいきます。珍しくハマっております(笑)



さいごに

「帝国の娘」が面白かったので、今後は「流血女神伝」シリーズを読み進めていくつもりです。

久々に面白いシリーズに出会ったので、楽しみが増えて最高です(*´ω`)


人気ブログランキング
にほんブログ村 にほんブログ村
にほんブログ村

【英語多読】150万語達成報告📖

f:id:lemonpanic:20210423174306p:plain
ひゅーー、ようやく150万語報告出来ます。


「多読やめたの?」って思われそうなくらい日が空いてますね、、細々と続いております。


1〜3月は家が工事、引越しがあったのはもとより、仕事の方もかなりバタバタとしていまして、全く本が読めていませんでした。
未だに今年の日本語の読了本はゼロ!全然あかん(꒦ິ⌑꒦ີ)



読んだ本一覧

f:id:lemonpanic:20210423142820j:plain
↑ 記録に使わせていただいている「多読王国」というサイトのスクリーンショット。

以上の計6冊、児童書での達成となりました✨✨
やはり児童書、すごく良いです( *´꒳`*)


The Buddy Files

#1: YL3.0-3.5 / 10,762語

犬視点で語られている事件解決シリーズ。

多読している人のブログに出てくることが多いシリーズで気になってはいたのですが、Kindle Unlimitedにあったので読んでみました。
全6巻で、その内5冊がKindle Unlimitedで読めます。

犬目線での語りが、思いのほか新鮮。
ミステリーとしては少し弱いなと感じる時もあるけど、ほのぼのして一気に読めました。

Out of My Mind

#1: YL5.2 / 56,972語


これもずっと気になっていた本。
「まさかKindle Unlimitedにあるとは!」と思って速攻でダウンロードしました。

【あらすじ】
メロディは、生まれてからずっと、さまざまな言葉や事柄をすべて記憶してきた。でも、脳性麻痺のせいで言葉を発することができず、それを知る人はだれもいなかった。10歳のとき、かわりに声を出してくれる機器を手に入れ、言葉で伝えることができるようになる。知性を証明できたメロディの人生は、大きくかわっていく。

著者の娘さんも同じ病気を抱えていらっしゃるそうで、周囲のリアクションや心情がリアルに描かれていました。
色々と傷つくことも多いんだけれど、家族の愛情があたたかくて、何度も涙しながら読みました。


暗い話はあんまり読みたくないなと思ってるのですが、この作品は児童書で暗すぎませんでしたし、後半は一気に読みました。おすすめの一冊です。

日本語版『わたしの心のなか』

ちなみに『わたしの心のなか』というタイトルで日本語版も出ています。(今のところKindle Unlimitedには無い)

こちらもちらっと読んでみましたが、日本人の文化や感覚にうまくフィットするように翻訳してありました。

原文がまるまる抜けてたりしてびっくりしたのだけれど、権利の問題とか色々あるのかな。
「ディズニープリンセスの赤いお皿が」とか「トムとジェリーのアニメを三時間見続けて」とか、固有名詞の関係はカットされていましたし、他には、発した言葉の向かう先が自分/相手と変わっていたり…。でも日本語にした時に、不思議とその方が合うんですよね。映画もそういうことあるけど。

あんまり翻訳版と見比べる機会が今までなかったので、今回色々勉強になりました。


読書期間

前述の通り、年末から嵐のように忙しかったので、3月後半から少しずつ多読を再開し始めた感じです。

ほんとはもっと集中してガーッと読んだ方が効果があると思うけどね。
英語力アップさせたい人は絶対毎日少しずつでも英語に触れていた方が良いですよ。私が言えたことではないですけどね。

Kindle Unlimited よ、ありがとう

ちなみに140万語以降に読んだのは、Kindle Unlimited にあった本のみです。

Kindleで本を読むことが本当〜〜に楽で、ちょっとハマっています。辞書もワンタップで使えるし、Kindle端末だと目も疲れにくいし。

お風呂で読書したい民なので、防水機能付きのモデルがすごく欲しくなっております…


とりあえずKindle端末でなくても、スマホやタブレットにKindleアプリさえ入ってれば同期できるので、すごく有難いです。
「この文章、メモしておきたいな」って時、手元に紙とペンがなくても、スマホでコピーしてevernoteにペースト出来て、とても便利です。Kindleありがとう。゚(゚´ω`゚)゚。


さいごに

『The Buddy Files』シリーズと『Out of My Mind』を読み切ったので、次に何を読もうかなーと、今は若干手持ち無沙汰な感じです。


振り返ってみると、140万語達成時に「YL4の読み方が足らないみたい」と反省してたのに、すっかり忘れて、今回も全く読んでないですね。まあ別に良いんだけど(笑)


日本語でも同じですが、何かハマれるシリーズがまた見つかると良いのですけどね〜。
読み途中になってるシリーズをまた読んでいこうかな。


ではでは、Happy reading!🌸🌸



人気ブログランキング
にほんブログ村 にほんブログ村
にほんブログ村