Yufu Blog

Yufu Blog

ピアニスト、伴奏者、ピアノ講師をしています。 桐朋→ Manhattan School of Music(NY)卒業

Yufu Blog

ピアニスト・ピアノ講師の Yufu のブログです♪

3人のバイオリニスト葉加瀬太郎・高嶋ちさ子・古澤巌の破茶滅茶バラエティ【ぴったんこカンカン】

MENU

SNSで友人が「桐朋がTVに出てた!」と呟いてたので、
桐朋卒業生の私としては「あー見たかったわあ」と残念に思ったのですが、
よく考えたら TBSオンデマンドで見逃した放送も見られるんですね。

いや、便利な時代になりましたね。
昔は見逃したらそれっきりで、放送を見た人に感想を聞いたり、たまたま録画してる人がクラスにいたらVHSを貸し借りしたりしていましたが、今や見逃しても公式でインターネット配信してくれてるんだもんね。すごいことだわ。
コミュニケーションを取るのが苦手な人には、自己完結できて最適のツールだと思われる。笑

TBS FREE

TBS FREE

  • Tokyo Broadcasting System Television, Inc.
  • エンターテインメント
  • 無料

ぴったんこカンカン


まあ、それでなんでテレビ番組に桐朋学園が登場したかって話なんだけれど、『ぴったんこカンカン』という番組にバイオリニストの葉加瀬太郎さん、高嶋ちさ子さん、古澤巌さんが出演されて、御三方で桐朋で演奏されたのですよね。
在校生羨ましいな(^ω^三^ω^)

桐朋に至るまでもレストランやイチゴ農園で葉加瀬さんと高嶋さんのお話を聞いてたけど、お互い同じ楽器というのもあるからか、言いたい放題でめちゃくちゃ面白かったです。
というか、このお二人って同い年だったのですね。同じ年でこんなにメディアで有名になるバイオリニストが二人もいるっていうのもすごい話だなあ。

葉加瀬さんは、「ちーちゃん」こと高嶋ちさ子さんとはテレビでの共演を今まで避けていたらしいのですが(怒られるから、というのが理由らしい。笑)、遂に今回テレビ初共演という段になったらしい。

というのも、近々CDが発売になるらしい。
あ、菅田将暉くんの『PLAY』と同じ発売日ですね!笑

掛け合いが面白すぎて、ずっと笑ってしまった。



古澤巌伝説

葉加瀬太郎さん、高嶋ちさ子さんの共演者として、
二人が若いときから尊敬していた憧れのバイオリニスト・古澤巌さんも登場。
当時、コンクールで優勝するようなバイオリニストというときちっとした服装で眼鏡を掛けて…というような人が多かった中、長髪で奇抜なファッションで、とても格好良かったらしい。

高嶋ちさ子さんも「この人と同じ学校で学びたい!」と思って、桐朋に進学されたらしい。

そんな素晴らしいバイオリニストの現在のお姿がこちら。


威厳なさすぎてめちゃくちゃ笑える😂😂😂

  • 瞼に目を描いて登場する。
  • バイオリンをチェロの弓で弾いている。
  • 前住んでいた家にトイレがなく、隣りの公園で済ませていた。
  • 高嶋ちさ子さんの12人のバイオリニストの指導で来たとき、「僕は今日、香川から来たんだよ」と言い、ズボンからうどんを12玉出し、皆にひと玉ずつ渡した。
  • 「一線は超えたんですか?」の質問に「それは縦の線? 横の線?」と答える。

などなど、聞いてるだけでやばい逸話がどんどん出てくる。

弓の話は、なんでも、前に葉加瀬さんのコンサートにゲスト出演した際に弓を忘れてきてしまったことがあり、オーケストラのチェリストから弓を借りて演奏したのをきっかけに、チェロの弓で演奏するようになったらしいです。

チェロの弓は、バイオリンの弓よりも短くて重いらしい。
ご本人曰く、「葉加瀬みたいに太い音が出たんだよ…」とのこと。ちょっと何言ってるかわかんないけど。。笑
重くてボーイングが見るからに間に合ってないときもあるらしい🤣🤣🤣


桐朋学園

葉加瀬太郎「桐朋はお上品な学校だからね」
安住アナ「少数精鋭のエリートって感じですよね」
高嶋ちさ子「いやいや、けど古澤さんいるから。ちょっとおかしい人が多いの、桐朋は

高嶋ちさ子さん曰く「ちょっとおかしい人が多い」学校がこちらになるのですが、もうここの光景を画面越しに見ただけでも、「アァァ…!!」ってなるのが桐朋生ですよ。そりゃ七年も通ってたからね。

新校舎に建て替わってから、「別物になった」感覚がやけにあるんだけど、結局先生方とか警備員さんとかは変わってなくて超懐かしい。画面の前で「あああああ!!」って声が出ちゃうのは許してほしい。
きっと、母校を前にしたら皆こんなもんよ。

ちなみに、葉加瀬太郎さんは桐朋を出入り禁止になってたらしく、現学部長の村上弦一郎先生に入館許可をわざわざもらいに行っていました。笑

学部長室も、新しくて綺麗な部屋だなあ!
後ろの本棚に『東京芸術大学規則集』って名前の分厚いファイルがあるのが、個人的に気になりました(^q^)
私が入学したときは「法律が学則です」とか言われるアレな学風だったんだけど、時代の波に合わせて、ちゃんとし始めたのかな…笑

ところで、去年の8月に私は仙川キャンパスも調布キャンパスも新校舎を見に行ったんですけど、ブログ記事にしてなかったみたいですね。リンクを貼ろうと思って探してから、書いてなかったことに気がつきました。
写真を撮ったはずなので、また探してみます。

去年見学に行ったときは仙川キャンパスの二階がまだ工事中で、ヤマハも閉まってたから行かれなかったんだけれど、今回高嶋さんたちが回ってくれてたので擬似見学できて嬉しかったです。

自分たちには日常なので今まで何も疑問に感じていなかったけど、
音楽と関係ない世界の安住アナが「学校の売店がヤマハなんですか…!流石、音楽学校って感じですね」とか、練習室が取れなくて廊下で練習している学生たちに「部屋が取れなかったわりには廊下を堂々と使ってるね」など、かなり常識的な目線で容赦なく突っ込んでいるのが最高でした。

これはね、学生のために私が代弁する!!

旧校舎のときは皆、廊下で練習するといっても、片側が壁(窓)である廊下でしか練習してなかったのよ。今の学生たちみたいに、両側に部屋があるのに、そこで練習するなんてことはなかった。
旧校舎時代の学生は、壁側にある机に荷物を置いて、窓に向かって練習してたんだけど、新校舎だと地下に練習室が作られてるから、皆ガチの廊下で練習するしかなくて、それがちょっと違和感があるように見えるんだよね。そういうことにしておこう。笑

↑私が以前撮った旧校舎の写真なのだけど、奥にいる練習してる学生の姿が見えるかなあ。こんな感じで皆、片側が壁の廊下で、窓に向かって練習していた。


芸大生と桐朋生のカラーの違いを見た気がする


桐朋の333教室でのコンサートの様子!
333って、授業以外に実技試験やコンサート、文化祭のときは高校生がミュージカル上映に使ってた広いお教室なのですが、今はこんな風になっちゃったんだねー!
壇上が…ない! 何でだぁぁ😭

御三方でモンティのチャルダッシュを演奏されてて、素晴らしかったです。古澤巌さんが一人だけ本当にチェロの弓で演奏してるのも笑えた…。

葉加瀬さんだけ芸大出身で、古澤さんと高嶋さんは桐朋出身なのですが、なんとなく「あっ…(察し)」という感じ。
企画なんかはいつも葉加瀬さんが発案されるらしいのですが、毎回二人にぶっ壊されるらしい。笑
でも、ぶっ壊す気持ちって、なんかわかるような気も。私も出来ることならぶっ壊したい側ですね。
葉加瀬さんは、すごく真面目な感じがします。

それで思い出したのですが、私がいま教えてる北千住のお教室って、何故か芸大出身・芸大生の先生が多くて、発表会とかで顔を合わせても芸大カラーをめちゃくちゃ感じて、実はちょっとアウェイな感じがあるんですよね。笑

この間気がついたんだけれど、服装とかも、芸大と桐朋は全然違うのかも…と。
桐朋生ってお嬢様や派手な子が多くて、ある意味目立ってナンボみたいな、個性を前面に押し出した煌びやかな服装の人が多いんだけど*1、芸大生ってちゃんとしてるというか、桐朋生に比べると大分地味というか、真面目系というか、ちゃんとしてるというか、真面目系というか。桐朋みたいに突飛な人っていなさそう。
色もモノトーンだったりシンプルなものが多くて、そのあたりが国立と私立の違いなのかも。桐朋は、自由な校風だから自由人が多いもんなあ。笑


何にせよ、
仕事で母校に行くのってちょっと楽しそう
と思ってしまいました😂😂😂


最近、事あるごとに「私は桐朋に行ってよかったな…」と思ってしまう。桐朋の校風も先生たちも好き。
桐朋ありがとう😭❤️



人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

*1:桐朋の高校(音楽科)は私服なんだけど、ゴスロリファッションの子や、金髪ウィッグで突然現れたりする子が普通にいる