Yufu Blog

Yufu Blog

ピアニスト、伴奏者、ピアノ講師をしています。 桐朋→ Manhattan School of Music(NY)卒業

Yufu Blog

ピアニスト・ピアノ講師の Yufu のブログです♪

オースティン『高慢と偏見』が面白すぎて寝る間を惜しんで読んだ

イギリス文学の名作! オースティン『高慢と偏見』を読みました

高慢と偏見(上) (光文社古典新訳文庫)

オースティン『高慢と偏見(上)』
オースティン『高慢と偏見(下)』


はっきり言って最高に面白い小説でした。

今年読んだ本の中で一番面白かったんじゃないかな。

今までタイトルで嫌煙していたけれど、ひとたび読み始めたらページを捲る手が止まりませんでした。
下巻なんか375ページあるのに、二日で読んでしまった。

今まで嫌煙しててごめん。超オススメ!



読んだきっかけ

小学生のときに読んだ『ハリー・ポッター裏話 (作者と話そうシリーズ (Vol.1 J・K・ローリング))』という本のなかで、確か J. K. ローリングさんが子どもの頃夢中で読んだ本として『高慢と偏見』を挙げていて*1
それで心に留めていたのですが、いかんせんタイトルがお堅い印象なので、積極的に読む気にはなれずに過ごしました。


ところが先日、紀伊國屋に立ち寄った際に、NHKテキスト『100分de名著』のバックナンバーと共に、テーマとして取り上げられている本たちが平積みになっていたのです。

そのなかで私の興味を引いたのが、『高慢と偏見』。


「あ! この作品、タイトルで嫌煙してしまっていたのよね…」と、懐かしさと共にふと手に取り、1ページ目を開いてみたところ
「え!? 何これ面白いやん!?!?」



会話がユニークで、すごく読みたくなってしまった😂😂

普段なら上下巻に分かれている本は苦手なのでなるべく手を出さないようにしているのですが*2
この本は1ページ目から引き込まれてしまい、どうしても続きが読みたくなりました。


『100分de名著』という番組すら知らなかったのに、たまたま通りがかった売場でこんなことになろうとは。
オンラインで買い物してるとなかなかない出会いですね。

売り場を作った人の戦略に、もろハマってしまいました😂
素晴らしい営業センス!感動した!笑

こうして長年の時を経て、ようやく読み始めることとなりました。


結婚小説

あらすじを知らずに読み始めたのですが、とにかく内容なんか知らないほうが楽しめると思うので、今回はあまり解説しません。

ですが、ざっくりとジャンル分けすると、結婚にまつわる小説 と言えます。


批評を読むと「恋愛小説」と書いてあることが多いですが、恋愛話がそんなに好きでない私が読めたということは、恋愛というより、結婚の話だったからではないかと思います。


両想いになったらお付き合い💕でなく、いきなり婚約→結婚 という捉え方なのが単純明快で良い。
考えてみると、子どもの頃読んだ『白雪姫』『シンデレラ』なども、恋に落ちたら即結婚していましたね。


私ももし結婚するなら交際とかすっ飛ばして即結婚しちゃいたいなーとか最近考えていたので、「これや、これ!」と謎にリンクしてしまいました⁝(ृ `ᾥ ´  )ु⁝


ここが面白い

200年前に書かれた小説ですが、まったく色褪せることなく、キャラクターたちが生き生きと描いてあります。

会話劇

とにかく会話劇が面白い!


私は読みながらシェイクスピアを連想してしまったのですが、とにかく脚本のように会話文が多い。
長台詞も多く、ひとたび喋り出したら改行もなく、それはそれはものすごい勢いで語り出します。
これが読書を中断するタイミングを失うポイント(笑)

キャラクターが個性的

心優しい長女ジェイン、聡明な二女エリザベス、この二人がベネット家では主な登場人物ですが、
勉強熱心な三女メアリー、士官好きの末娘リディアと四女キャサリン、そして、教養のない母とユーモアが辛らつな父。全員があまりにも個性的。

他にも、大仰にへりくだる従兄コリンズ、社交的で誰にでも感じよく振舞うビングリー、冷静に物事を見つめる高慢なダーシーなど、魅力的な面々が揃っています。

結婚観

現在は貴族社会でないにしろ、いまの女性たちと感覚的には大して変わらないのでは…と思います。

たとえば、結婚相手を選ぶのに、性格だけではなく、相手の家柄や身分を重要視するところ。

これは、ベネット家の相続問題(限嗣相続制により、父の財産は従兄コリンズに引き継がれるため、娘たちが後々困ることになる)が根底にあるせいなのだけれど、
両親、特に母親は、娘たちを不足のない相手に嫁がせたいと心配し、躍起になっています。

口達者なエリザベスが痛快

主人公エリザベス・ベネットの、知的でさばさばした性格が私は好き。

顔が美人なので結構モテて、求婚もされるのだけど、それに対する返答がかなり辛らつ。

「嫌いです」とか「あなたとは何がなんでも結婚すまいと思っていた」とか、自分に好意を持ってくれている相手に対して、これでもかというくらいの非難の言葉を浴びせる。

自分の妹への評価も冷静で、他人に自分の妹のことを話すときに「若さや健康や愛嬌のほかにどんな魅力があるの」などと、ひどいことを平気で言う。

読みながら、こちらが「おいおい、それは流石に言い過ぎやろ…相手傷つくよ…!」と心配になるほど。
でも、それが面白くて、読みながら時々吹き出してしまいました。エリザベス最高!😂

※注意: エリザベスはいい子なんですよ!!


愛称に注意

五人姉妹なので、読み始めで登場人物を把握していないうちは、すこし混乱するかも。慣れてきたらそれぞれが個性的なので大丈夫です。


愛称があるので、私は最初、少し混乱しました。

名前 愛称
エリザベス リジー、イライザ
キャサリン キティ

これさえ理解していれば、問題なしです◎:)


解説・訳者あとがきまで面白い

最初は「こんなに長い解説要らないよ〜」と思ってたのですが、本編を読んだら、解説まで本当に楽しめる。

私は光文社版を読みましたが、下巻収録の解説には、どうやってこの作品が生まれたのか、作者について、当時のことなど、情報が盛り沢山で、作品をより深く知ることが出来ます。

また、"library" という単語の当時の意味など、訳者の方の丁寧なお仕事ぶりも垣間見れて、大変勉強になりました。
翻訳って、ただ訳すだけでなく、時代背景なども理解している必要があるから、大変ですね。
おかげで楽しめているんだなあと思うと、とっても有り難い気持ちになります🙏

夏目漱石


しかも、夏目漱石が「写実の泰斗(たいと)*3なり」とオースティンを評価したことなども書いてあります。

上巻が長い手紙で締めくくられるので、読みながら「『こころ(夏目漱石)』かよ!」と内心思っていましたが(あそこまで長い手紙ではない)、案外ほんとうに『こころ』だったかもしれないよね。漱石先生が、オースティンの影響を受けた部分はあったのかもしれないなあ。


とにかくオススメしたい

長年読まずにいたくせに図々しいですが、今年読んだ中で一番面白かったので、是非読んでほしいです。
さすが「世界の名作」と謳われるだけのことはありました。

イギリスって、本当に文学が面白いですね。

『高慢と偏見』のお陰で、イギリス文学ブームな来そうなYufuでした(笑)



人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


*1:小学生のときに読んだ本なので、私の記憶が違っていたらごめんなさい。

*2:上巻を読んでからつい間を開けてしまって、下巻を読む頃には登場人物の名前などを忘れてしまうことがよくあるから。

*3:「泰斗」とはある分野における最高の権威のこと

超豪華!春の発表会と生徒さんの声

生徒さんからの声

ピティナのステップ参加者アンケートで、生徒さんが「あなたの先生について」という欄に私のことを書いてくれたみたいです。

———————————————
いつもニコニコして優しく指導してくれます。
苦手な所は細かく家での練習方法を教えてくれます。
とてもすてきな先生です。
———————————————

う、嬉しいぃぃ!有難うございます!


これは、ピティナ・ピアノ教室紹介のページに載っているみたいです。


このコメントのおかげで、出来る限りいつもニコニコしていようと思いました😂😂😂

私のHPにも載せようかなあ(^ω^三^ω^)笑



発表会のおしらせ

(c)ピティナ
さて!
北千住のS&F、次は3月に発表会が決まっています。


場所は、いつもは東京芸術センター内にある天空劇場で行なっていますが、なんと次回は第10回の発表会ということで…
サントリーホール👏( ˆ̑‵̮ˆ̑ )


かの有名な…音楽家憧れの…
サントリーホール👏( ˆ̑‵̮ˆ̑ )


大事なので二回言いました。



サントリーホールの公演スケジュールにも既に載っているそうです。


うわぁぁぁ〜〜〜〜〜!!!!!!


S&Fにもこちらのパンフレットは置いてありますが、
サントリーホールのホームページからもPDFがダウンロード出来るみたいです。

そして更に公演スケジュール サントリーホールからも確認出来ます。
これでもかってくらい確認できるよ!(^ω^三^ω^)

第10回記念 S&Fミュージックランゲージスクール発表会 公演スケジュール サントリーホール
夢だけど、夢じゃなかった…!


今回が初出場になる生徒さんもたくさんいます。

他の講師の先生ともお話したのですが、はじめての舞台経験がサントリーホールってすごい!(笑)



すごすぎて先生のほうが緊張してきました…!
何せこれから曲決めするのでね。今、全員分の候補曲を探しまくっているところです。すごく考えている。


今後の数ヶ月を予想して、今の実力よりもちょっと背伸びした、でも持っている良さが引き立つような曲を…と思って探しています。
一人一人のことを一生懸命考えながら選んでいるので、とても時間が掛かる作業なのです/(^o^)\



皆さんの記念すべきサントリーホールでの演奏が、満足出来るものになるよう、私は曲決めを精一杯やります。



がんばるぞー!!(๑•̀ㅂ•́)و✧


人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村