Yufu Blog

Yufu Blog

ピアニスト、伴奏者、ピアノ講師をしています。 桐朋→ Manhattan School of Music(NY)卒業

Yufu Blog

ピアニスト・伴奏者・ピアノ講師の芦谷ゆふのブログです♪

坂元裕二 最新作『anone』でも「夫さん」呼びは健在!


水曜ドラマ『anone』を観ています。



役者さんも上手だし、どことなく寂しい音楽や、画面の色が素敵で、毎週とっても楽しみなドラマのひとつです。


「夫さん」に、きゅん!

ところで、昨年放送された、同じ坂元裕二さん脚本の『カルテット』のときもそうだったけど、
配偶者の男性のことを「夫さん」と呼ぶの、とても好き。


坂元裕二さんの言葉の選び方って、とても好きなのですが、「夫さん」は特にきゅんとします。



そもそも、私は「主人」も「旦那」も好きじゃないのよね。



マッチョってなに?

二年前に京都を旅行したとき、立ち寄った本屋さんでこんな本に出会いました。

「マッチョって、筋肉むきむきのことじゃないの?」と興味本位で手に取ったのだけれど、本当の意味はそうではなく、
男性がもつという「強靱さ、逞しさ、勇敢さ、 好戦性」といった性質を基礎とした思想や信条、行動をあらわす言葉らしい。


本を読むと顕著なんだけど、要は「男尊女卑」に繋がる言葉らしい。


以下、wikipediaから引用する。

メキシコのスペイン語 macho(マチョ)「雄の〜」という形容詞が変化したもの。 machismo (マチスモ、もしくはマチズモ)は「男性優位主義」を指し、男性としての優位性、男性としての魅力、特徴を誇示する、という意味合いがある。
マッチョ - Wikipedia




川上未映子さんも警鐘を鳴らしていた


この記事を書くにあたってGoogleを徘徊していたのだけれど(笑)、作家の川上未映子さんも「主人」という呼び方がお嫌いだそうで、

対等なパートナーたる相手のことをふだんから無意識に「主人、主人」なんて言ってると、知らないうちに奴隷根性がすりこまれて、ここ一番というときに自立心が発揮できなくなる気がする

小さなことだけど、そうやって毎日使う身近な言葉から、子育ての関係性や夫婦間のバランスが変わっていくこと、本当にあるんだもの。

と、激しく警鐘を鳴らしていらした。


普段使う言葉から、自分でも知らないうちにそうなってしまうっていうのは、なるほど…と思いました。


「名は体を表す」じゃないですけど、言葉の持つ影響力って、やっぱりあると思うんですよね。



「夫さん」を広めたい


ここで、元の話に戻るのだけれど、

結婚して「うちの主人は〜」って言ってる友達を見ると、私は口にこそ出さないが、「あぁ〜この人、自分の夫を“主人”と呼んじゃう人なんだ」と内心思う。
「主人」って、「聞こえ」は良いんだけどね。下品な印象を与えないから。


でも、夫のことを「主人」と呼ぶなんて、「え、あなた飼われてるの?」ってなっちゃうんですよね。
世代によっては仕方ないのかなっていうのもあるけど。

「おかえりなさいませ、ご主人様」じゃないけど、お仕えしてるみたいじゃない。今時。


「旦那」も同じような理由で、好きじゃない。
そんなに皆、深く考えないで使ってるのは分かってるんだ! だからこちらも、いちいち突っ込まずに流すのだけれど。


しかし、こちらも今まで他に言い方がなかったもので、
例えば、ご夫婦それぞれを知っているけど、女性だけに会った場合、
「彼にもよろしく伝えてね」という意味のことを言いたいとき、
特に彼を名前で呼ぶほどの仲ではない場合(笑)、
なるべく気軽に「旦那さんにもよろしく」と言うのだけれど、言いながら自分でも違和感があるというか、実はかなり不本意に言っている。
「ご主人様」は、かなり抵抗があるので、私はなるべく使わない。仕えさせたくない。。笑


そこに出てきた「夫さん」!
「夫さん」だと夫婦が対等な感じがして嬉しいし、響きもちょっと可愛い。
この呼び方が世の中に広まって、一般化するといいなーと思ってます。えへへ(ω´∀`ω)

忘れっぽい天使(Vergesslicher Engel):クレーの天使


人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

【実録】コンビニ店員に荷物の送り状を入れ替えられてしまった話


昨年の話なのですが、タイトル通りコンビニ店員に荷物を入れ替えられてしまい、ひどい目に遭いました。


同じ目に遭った人のために、今回の経験を書き残しておきます✏︎


コンビニ店員に荷物を入れ替えられた

あるコンビニエンスストアーで、九州と都内へ荷物を2つ出したのですが、店員が間違って送り状を貼り間違え、別々の宛先に届いてしまったのです。


順を追って説明します。


コンビニで荷物を送る

まず、送り状を持っていなかったので、レジで店員さんを呼びました。
このとき、明らかに手が空いている女性店員に声をかけたのですが、お隣りのレジで対応をしている男性店員の陰に隠れて、こちらを見たまますぐに来てくれなかったので、個人的には「このひと何なのだろう」と思いました。
主観ですが。

※絵のクオリティの低さは無視してください


この女性店員が送り状を二枚くれて、私が住所などを書きました。
「こちらの荷物が都内宛で、こちらの荷物が九州宛です」と正確に伝えました。


その場では送り状を貼られませんでしたが、支払いを済ませ、「有難うございました」と言われました。


帰り際、なんとなく嫌な予感がチラリとしたのでもう一度念押ししようかと思いましたが、その段階では彼女は正しい送り状を荷物の前に置いていましたので、「あんまり何度も念押しするのも失礼か…」と思い、「お願いします」とそのまま帰りました。

※こんな感じで見た目も全然違う荷物でした。


翌日夜、都内の送付先の方から留守電が

公衆電話から留守電が入っていました。

誰かな?と思って再生すると、荷物をお送りした都内の方。

「もしもし、○○です。荷物をお送りいただき有難うございました」

あ、御礼のお電話だ(^ω^三^ω^)
と思っていたら…


「でも、中に○○さん宛の手紙が入っていて、これ違うんじゃないかな、返品したほうがいいのではと思うのですが…。ちょっとこちら電話も携帯も壊れているので、また明日の朝にでも電話します」


!!!!!?


留守電を聞いてからすぐに折り返して掛け直したのですが、まったく繋がらず。そういえば電話も携帯も壊れてるって最後に言ってたわ(゚Д゚)どうしよー!




コンビニに連絡


これはコンビニ店員が荷物を入れ替えたな、とすぐに思ったので急いでコンビニに電話。


店長さんからの謝罪があり*1
コンビニ側の対応としては「二軒とも、着払いでそちら(うちのこと)に送り返してもらって、
また新たな荷物として送り直すということしか出来ない。その場合は、送料は負担する」
とのこと。


中味が食品なので賞味期限が…と伝えると、「中味がわかればこちらで賠償させていただきます」とのことでしたが、これが旅行先のお土産だったために断念。
というかそもそも荷物に写真やお手紙も添えてるからなあ。商品だけじゃないのよね。


とりあえず都内の方には、携帯が直ることを期待しつつ「着払いでこちらに送り返してください」とメールにて連絡。




朝、配送業者へ連絡

ネットでいろいろ調べていたら、同じような事例を発見。


このような状況を「テレコ」というらしく、
「配達が完了していない荷物は問い合わせれば無料で本当の配送先に転送してもらえる」ということがわかったので、
翌朝7時半頃にク●ネコに電話。


まだ先方に届いていない九州宛の荷物を、本来の配達先である東京の方に転送してもらうよう手続きしてもらう。ひと安心…

と、思いきや。



コンビニから昼過ぎに連絡がくる

「ク●ネコに電話して、九州宛の荷物をそちらのお宅に送り返してもらうように手配しました」
と、コンビニから連絡が来る。


ふぁ!?!?!?!?!?!?


聞けば、こちらがク●ネコに電話したあと、8時ごろにコンビニが電話して、こちらが調えた手配を壊してしまったらしい。
がっかりだし、報告が遅すぎる😞😞😞


このあと、コンビニ側が改めてク●ネコに転送するよう電話してくれる。(この時点でもう夕方近く。明らかに二度手間😓)


東京の方、食べちゃった事件発生

「明日の朝また電話します」と留守電を入れてくださった都内の方ですが、それ以来、連絡はなかった。。


固定電話も携帯も直っていないようで、こちらからはずっと連絡がつかずに週末を迎えてしまい、「今から手紙を出すと時間がかかる、もう電報を出すしかないのでは…」と思っていたところ、お手紙が届く。

送られてきたのが荷物でなく手紙だったため、「もしかして本当の配達先だった九州の住所も知ってる方だから、気を利かせて送ってくれたのか…?」と思いつつ開封すると
「○○さん宛のお手紙が入っていたので、送付先が違うのでは、とは思ったのですが、構わず戴きました。荷物の中に入っていたお手紙をそちらにお送り致します」の文字が。

ええええええええ
食べちゃったああああああ\(^o^)/


いや責められない! 責められないが!笑
手紙だけ返されても、もうこれで九州に送る「もの」がなくなってしまったんや…!

そして、九州から本当の荷物がこれからそちらに行く…。
中にダブってる商品も入ってるのにぃぃぃ\(^o^)/オワタ



オンラインで購入できることが判明!

「終わった………」と思って落ち込んでいたのだけれど、どうしても納得できず、インターネット検索したら、
同じ商品がオンラインショップで購入出来ることが判明!!


通販だとお土産感が薄れるけど、致し方ない!!



だけど、こちらのミスでないのに………この騒動の原因を作ったコンビニは結局何もしてくれてない…………と、なんだかモヤモヤして、
「そういえばコンビニの店長が『中身が分かれば弁償します』と最初に言ってたな…」と思い返し、
店長に電話でその旨を伝えたところ、弁償してもらえることに! ヨカッタァァァ。゚(゚´ω`゚)゚。


結果

  • 東京に行ってしまった九州宛の荷物→すぐに都内に到着し、受け取った方が食べてしまった
  • 九州に行ってしまった東京宛の荷物→届く前にク●ネコと連絡がつき、東京に無料で転送

       +

  • 無くなってしまった九州宛の荷物の分はオンラインショップで購入。支払方法を「コンビニ支払い」にして、請求書をコンビニに持参して支払ってもらう



で、無事に解決しました。。。


コンビニからお詫びの菓子折りまで頂いたのだけれど、もうなんだか気持ち的にここのコンビニは使えなくなってしまった😂
買い物する分には良いのだろうけど、荷物はもうここでは絶対に出さない😂😂


何度も東京に連絡を試みたり(電話が壊れてるって不便すぎる…💧)、
九州にも「もし荷物が来ても違う荷物だから受取拒否して!」とお願いしたり、
コンビニの店長が不在がちで何度も電話を掛け直したり、、
解決まで一週間掛かりました。長い戦いでした(;;゚;;ё;;゚;;)ツカレター


よかれと思って送ったお土産がこんなに大事になってしまって、色んな方々にご迷惑を掛けてしまい、がっかりしました。


とりあえず、到着前なら無料で配送し直してくれるク●ネコさんってすごいですね…。ク●ネコさんは何も悪くないのにね。。


人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

*1:対応した女性店員(アルバイト)は「私は間違ってない」と言い張ったそうなのだけれど、実際間違っている…。
2つの荷物は、送り主が母/私からと別々のもので、お互いがそれぞれの荷物を梱包したので、こちらはどちらが誰宛ての荷物なのかきちんと把握できているし、母と二人でコンビニに出しに行き、店員にはそれぞれ正しく伝えました。内容量が違うため、二つの荷物は見た目も大きさも明らかに違う。女性店員には、あとで店長からその店員に「どうしてその場で伝票を貼らなかったのか」と指導があったらしい。