Yufu Blog

Yufu Blog

ピアニスト、伴奏者、ピアノ講師をしています。 桐朋→ Manhattan School of Music(NY)卒業

Yufu Blog

ピアニスト・伴奏者・ピアノ講師の芦谷ゆふのブログです♪

EDiT手帳デビュー🌸

お題「手帳」
今年はセリアのマンスリー手帳一本で行こうかなと思ってたんだけど、誘惑に負けて遂に買ってしまった。

今まで使っていた1日1ページ手帳

「どうせ毎日書くわけじゃないから」と、
今まで日付けの印刷がない無印良品の『上質紙1日1ページノート 文庫本サイズや、セリアに売ってるフリーノートB6 368ページを使ってました。

2016年に書いてた無印1日1ページノート
書くときは貼ったり足したりするから膨れる。



どちらも気に入ってたんだけど、実は私にとって若干のデメリットが。

  • 1日1ページノート』…ページが小さくて足りないことがある。文庫本サイズで小さいので、何かを貼りたいとき、やむなくカットする場合がある。
  • 368ページノート』…180度ぺたんと開かない。
    開きを良くするために使用前に表紙から一度剥がして、再度ノリ付けするという手間を掛けるんだけど、私のやり方がまずいのか、数ヶ月使ってる内にだんだんノリが剥がれてくる若干のストレス。




そうだ、日付け入りの手帳を買おう

日付けが入ってないノートは自由度が高い分、書かない日が数日続いちゃうと、その間のページをどうしようかなと思っちゃうんですよね。書かないときもあれば、後から書きたい時もあるし。


それならもう日付けも元から印刷してある1日1ページ用のダイアリーを買ってしまおうと思い立った。
4月始まりの手帳を発売していることも、ひとつのきっかけになった。

お値段的には、ほぼ日手帳の方が優しかったんだけど、紙のサイズがどうしてもね…!
私にとっては文庫本サイズだとやっぱりリミテッド。
色々貼りたいからちょっと大きめがいいんだけど、かといってほぼ日カズン(A5)は大きすぎる。


手帳の選び方の決定版!スケジュール帳を選ぶ7つのポイント | フムフムハック

EDiTはB6変形で余裕を持って貼れるし書けるし、私にとってはちょうどよいサイズ! 中味もシンプルなデザインで好き。

ということで、ずっと気になっていたEDiTに思い切って手を出してみました。
「迷う理由が値段なら買え」と言いますし(^q^)笑


EDiTは紙質がすごい

初めての日付入り1日1ページ手帳ですが、
紙が薄くてびっくりしています。

やっぱりお高い手帳は違うのね。薄いのに滑らか。

「1日1ページ」手帳用紙として2014年版の開発スタート以来、改良を重ねてきた「NEO AGENDAⅡ for EDiT」。全464ページとページ数が多いからこそ、手帳としての携帯性を考慮した“薄さと軽さ”にこだわった用紙です。
EDiTの手帳用紙は「なめらかな書き心地」が特長です|EDiTエディット 手帳 2018|新しい働き方。新しい手帳。

専用の下敷きも売ってるんだけど、バンドに引っかからないジャストサイズで『TODAY』タブが飛び出ていて、開くときも分かりやすいし、使いやすい。


私の使い方

使い方としては、とにかく綺麗に書かないことをルールにしてます。綺麗に書こうと思うと続かなくなるので。
頭の中垂れ流しで、書きたいこと全部書く勢いなので、私の日記はごちゃごちゃして見返すのに不向き。文字ばっかり。
頭の中を整理するためだけの手帳って感じです。

そして、気が向いたときは適度にデコる。でもデコろうと思い過ぎないようにしてる。色々書きたいから。

結局何が言いたいかというと、
EDiTとても楽しい(◕‿‿◕)


ちょっと後悔したこと

買った後にインスタで皆の使い方を見たいと思ってEDiT手帳を検索していたら、 スヌーピー柄もあったことが発覚。

私が行ったお店にはなかったよ残念!!
スヌーピー好きなのに情報が入ってきてなかった(^ω^三^ω^)

今使ってるものも気に入ってるからいいんだけども、もう少しリサーチしておくべきだったなあ(^ω^三^ω^)



人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

【大学時代】マイ・フェイバリット・ソングス15選【男性ボーカル編】

普段、そんなに音楽は聴かないのだけど
最近、菅田将暉さんや米津玄師さんのお陰で私のウォークマンの使用頻度がすこぶる増えた。


私のウォークマンさんは大学時代に買ったものなので、大学時代に聴いていた音楽がたくさん入っていて、
ランダム再生していたら「懐かしい…!」と心が震えたので、今回は懐古厨のように【大学時代によく聴いていた男性ボーカルソングス】を15曲ご紹介(・∀・)


15曲でも多いけど、絞るの大変だった…!!笑




フジファブリック『若者のすべて』


フジファブリックはそれまで「人気だよね」くらいの認識だったんだけど、2009年にボーカルの志村さんが29歳の若さで急死して、それが本当に衝撃だった。あまりにも突然で。
私が好きなTRICERATOPSの和田唱さんがブログを更新して、フジファンの私の友人たちも記事をアップしていて、そういうのをたくさん読んで、一緒に悲しくて。
皮肉なもので、そこからフジファブリックをちゃんと聴いて、志村さんの才能に気づいて、ハマった。遅いってね。

ボーカル不在のフジファブリックが翌年にフジフジ富士Qというライブを行って、そこにゲストとして奥田民生さん、斉藤和義さん、吉井和哉さん、和田唱さん、くるりなど15組が来て、志村さんの思いを継いでフジファブリックの曲をそれぞれ歌ったのよね。
私は映像で見ただけなんだけど、そのとき藤井フミヤさんが『若者のすべて』を歌ってくれて、なんかすごく、、泣いた、、、!!

最後の花火に今年もなったな
何年経っても思い出してしまうな

ないかな ないよな きっとね いないよな
会ったら言えるかな まぶた閉じて浮かべているよ

なんだか志村さんが作ったのに、志村さんへの曲みたいだった。

フジファブリックはどれもいい曲で、志村さんって素晴らしい感覚の持ち主だったんだなって思うし、他にも好きな曲はあるんだけど、『若者のすべて』を聴くと、わたしの中でこの時の記憶が一瞬で蘇って、心の奥がきゅってなる。

ROCK'A'TRENCH『My SunShine』


TVドラマ『メイちゃんの執事』の主題歌!!

佐藤健くんの演じるマメ柴がめっちゃ好きだったわあ(^q^)
水嶋ヒロさんの弟役だったんだよね。

このドラマで鈴木亮平さんがいつも抱えてたみるく役の子(吉川愛さん)が、去年見てたドラマに出演してて、普通に綺麗なJKになっててびっくりしました。
子役のイメージしかなかったので、全く一致しなかった。
時の流れって恐ろしい………

ゆらゆら帝国『ゆらゆら帝国で考え中』


好きだったブロガーさん*1がよく話題に出してて、その影響で聴いてた曲。

だいたい俺は今3歳なんだけど
2歳のときにはもう分かってたね

ってところがすごく好き。格好良すぎでしょう。

この歌の影響で、3才の生徒さんに接するときは、2才のときに既に色々分かってらっしゃった人なんだとリスペクトしながら接するようにしてる。

でも、なんかちょっとわかるというか、私は3歳の時にはもう大体自我が確立してたんだよね。笑

andymori『ベンガルトラとウィスキー』


これも上のブロガーさんの影響。andymoriはこの曲と『すごい速さ』が特に好きで、よく聴いてたなあ。

「安いウィスキーウィスキー!ウィスキーで全部!丸一日全部無駄にしてしまうようなそんなライフイズパーティー!」みたいな文字通り息の長いフレーズがアガる。
ほとんど何言ってるか聞き取れないけどウィスキーウィスキー!! ウィスキーで全部!!ってなる笑

中学時代は積極的に新しい音楽を取り入れてたんだけど、高校に入ってからそれまで自分が好きになった音楽だけで結構満足しちゃって、新しいものはBUMP OF CHICKENの新譜と友人などのオススメ以外、ほぼ聴いてなかったの。

でも、そのブロガーさんが私の知らないバンドの音楽の話ばかりするので、私も新しい音楽を発掘しようと思って、それをきっかけにまた積極的に自分の知らない世界の音楽を聴き始めた。
これ以降紹介するのは、自分で開拓したバンドや曲たち。笑


tacica『命の更新』


いきなり重いけど、名曲…!
なんと言ってもこのクレイアニメのMVがもう…なんとも言えない。
多くは語らないから見てくれ。

体じゃ足りない位 生きて
両眼じゃ足りない位 夢を見たい

tacicaって最近聴いてなかったけど、久しぶりに聴いてもやっぱり素晴らしいです。
これ以外の曲もいいです。『黄色いカラス』とかね。好き。
すーーごい懐かしい。

Syrup16g『Reborn』


Syrup16gは本当に好き。

昨日より今日が
素晴らしい日なんて
わかってる そんな事
当り前の事さ

っていう入りからハッとさせられるんだよね。

手を取り合って
肌寄せ合って
ただなんかいいなあ
って空気があって

Syrup16gの歌には、「ただなんかいいなあ」っていう空気がずっと流れてる気がする。これが好き。

確か私が初めて聴いたSyrup16gの曲は『吐く血』という曲で(なんとなくお察し頂いているかもしれないが、暗いタイトルに目が止まる)、その曲も最初から端的に的確な言葉で描かれてるいて、短い文章でどんな人間かわかるの。

彼女と知り合ってから半年が経つ
何故かもう連絡すら取り合えてない状態

不細工でも美人でもなくやたらと暗い
内科で診てもらえない病気の主

すごいな、と思って。ただなんかいいなあって感じでしょ。笑
この曲で引き込まれてSyrup16gは色々聴いた。どれも素晴らしくて、すごくハマった。
Syrup16gはマジで名曲揃い。

世界の終わり『天使と悪魔』


セカオワは今やNHK紅白に出たりして、すごくメジャーなバンドになったけど、当時はまだインディーズで、私の周りの人は誰も知らなかったと思う。マイナーじゃないと開拓した気持ちにならないから、私聴かないだろうし(笑)

お察しの通り暗い名前が目に止まりますので、例に漏れずこのバンドにも目が止まりました。
というのも、このころ西尾維新の戯言シリーズにハマっていて、「小説の終わりは残りのページ数でわかるけど、でも物語はページが終わっても本当はまだ続いていて、人生の終わりはいつ訪れるかわからなくて…。音楽のフレーズも終わりが始まりの時があって…」等と悶々と考えてた時期*2で、ちょうど考えてることとリンクするバンド名だった。

もし僕が正しくて君らが間違いなら
僕らは戦う運命にあるの?
僕らはいつも「答」で戦うけど
2つあって初めて「答」なんだよ

セカオワも色々聴いて好きだったけど、やっぱりこの曲が一番好きだったし、今も変わらずこの曲が私の中で不動の一位だな。テーマが良い。
セカオワは歌もだけど、歌詞が好き。深瀬くんの声も好き。


Plenty『空が笑ってる』


Plentyもハズレがないバンド。
どの曲も歌詞が良いし、タイトルも良いし、もちろん歌も良いし、ボーカルの猪狩さんの歌声も良いし。
こういう並びだと「可愛い感じの声が好きなの?」って思われるかもしれないけど、決してそんなことはない。

『空が笑ってる』は無性に聴きたくなるときがあって、アメリカに留学してるときも聴いてた。このMVもすごく好きなの。だから本当は常にMVもセットで聴きたいんだけど、アメリカからはアクセス制限が掛かっていて、このYouTubeビデオは見られなかったもどかしさ!!笑

「円になったよ」「演技だったよ」になって、「嘘だからさよなら」になる。
初めて聴いたとき衝撃だった。衝撃の展開だった。
「円になった」からてっきり楽しい方向に纏まるのかと思ったら、「嘘だからさよなら」って。その言葉の温度よ。

でも、歌い方変わんないの。声の温度は一緒なのに、言葉の温度だけが、がらっと変わるんだよ。

それと、今はもうなくなっちゃったのかもしれないけど、当時plenty official siteもすごく好きで、手書きの歌詞が公開されててサイトデザインとしてもすごくオシャレに見えたんだよねえ。
Plentyも昨年で解散してしまった。残念(´・ω・`)

amazarashi『つじつま合わせに生まれた僕等』


amazarashiは、不気味なてるてる坊主とバンド名が目に付いて聴いたのがきっかけ。
「雨」じゃなくて「雨ざらし」なのがいいよね。

amazarashiも当時色々聴いてたけど、やっぱりこの曲が一番好きだった。寮の一人部屋でスピーカーで聴いてて。
全然覚えられないんだけど歌詞が良くて、「つじつま合わせに生まれた僕等アアアアアア」のところだけは唯一わかるから歌いたいんだけど、そういう時に限って違う歌詞なのよ。

「つじつま合わs… 違うんかい!!」ってツッコんでた記憶がある。いい気分で歌ってるだけに恥ずかしいわ。笑
そして、今やっても全く同じでわらった。

これ、一回間違えると怖気付いちゃって、それ以降思わず探り探りで「………〜わせに生まれた僕等アアアアア!!!」ってなっちゃうんだよね。そこまで歌いたいなら歌詞覚えろやって話だけど(^ω^三^ω^)

amazarashiも今メジャーですよね。
TVアニメ東京喰種(トーキョーグール)√A』の主題歌になったり、菅田将暉とコラボしたり、全然別物だと思ってた自分の好きなひとやものが繋がっていくのは、amazarashiがくれたすごく不思議な体験のひとつだった。

真空ホロウ『被害妄想と自己暗示による不快感』


ご察しの通り暗いタイトルに引き寄せ(以下略)

YouTubeビデオは1:02から。
この曲ほんと格好いいから是非CD音源で聴いてほしいなあ。
ライブ映像でも良いけど、これだと良さが伝わらない。最初のトークから、なんかへらへらしてるし。(失礼)

こっち↓は2015年に出た("N" ew take ver.)らしいんだけど…
真空ホロウって私が知ってるのは男性の3ピースバンドだったんだけど、今はボーカルだけそのままで、後は女性2人になったみたい。何があったというの…

下記CDに収録されてる元々のメンバーが奏でるオリジナルの方が音楽に勢いがあって、個人的には断然おすすめです。
『被害妄想と自己暗示による不快感』は、本当に格好良い曲だと思う。


秀吉『信じなきゃ』


アルバム『むだい』を、漫画家・浅野いにお氏の描き下ろしとは気がつかず手に取った、いわゆるジャケ買い。

諦めなければ叶うなんて
都合のいい言葉にしか響かなくなって
何も出来ずになくなってくのがただ 恐いだけ

秀吉も声が良いのよね。


藍坊主『テールランプ』


ベタだけどゲーセンで出会った不思議な子の話:哲学ニュースnwkを読んで、まんまとハマった曲。
ゲーセンの話抜きにしても良い曲。

藍坊主も素敵なバンドで、どの曲も良い。
ちょうど藍坊主にハマってたときに『星のすみか』がアニメの主題歌になってたりもして、色々聴いてたなあ。

蛇足『シザーハンズ』


ニコニコ動画の歌ってみた動画を熱心に見てたのもこの頃なので、折角だからご紹介。

蛇足さんは、大好きな歌い手の一人。
最初声を聴いたとき、諏訪部順一さんに似てるなと思ったけど、聴き慣れてくるとそんなに似てなかった(笑)

色々聴いてたけど蛇足さんの『シザーハンズ』は特に大好きで、これきっかけでジョニー・デップ主演の『シザーハンズ』を観て、めちゃくちゃハマった思い出。

りぶ『フライトタイム』


りぶさんもニコニコ動画の歌い手さん。

私は昔何を血迷ったのか、ブログで時々お喋りボイスを投稿してて、そのとき必ずりぶさんの『フライトタイム』を流してたのよね。
運営元が閉鎖したのでそのボイスも召されたけれど(グッジョブ)、そのとき記事を読んだ友達に「ねえねえ、何で一人で11分も喋ってんの? ねえねえ( ´ิ(ꈊ) ´ิ)」と散々からかわれた黒歴史。笑

ST☆RISH『マジLOVE1000%』

最後にまさかのST☆RISH(スターリッシュ)。
是非コメント付きでご覧ください。

当時、何もかもが衝撃的なこのアニメーションに無駄にハマっていました。とりあえず声優陣が豪華すぎる。
このアニメがきっかけで谷山紀章さんの歌唱力のやばさも知って、GRANRODEOとかもめっちゃ聴いてました。



最後に。
毎度のことながら自己満足記事すぎて、楽しんで頂けているのかドキドキです。

紹介するために曲を絞るのが大変でした。
今回書けなかった方々では、他に AJISAI、大石昌良さん、 OLDCODEX、GRANRODEO、クリープハイプ、神聖かまってちゃん、TRICERATOPS、NICO Touches the Walls、BUMP OF CHICKEN、People In The Box、宮野真守さん、凛として時雨、ワカバ(50音順)とかも聴いてたなぁ…。
色々思い出して、懐かしすぎる。

大学時代はアニメをよく見てたので、その主題歌関連とかもよく聴いてたかな。声優さんのキャラクターソングを聴いて、声優さんの役へのなりきり具合に感動したり。
その頃まで「キャラクターソング」というものを知らなかったので、「歌って、上手い・下手だけじゃないんだ!」っていう。新たなジャンルを見た。笑

好きなことになると饒舌になるなんてコミュ障の極みみたいですが、好きなもので埋め尽くされる記事は楽しいですね。
同世代の人達と聴いてた曲被ってたりするかな(ω´∀`ω)?♪


人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

*1:「あなたの文章が好きです」と公言して、移転のときもわざわざ「前に約束したので…」と移転先URL付きでメッセージを送ってくれた。もうブログは閉鎖されたけど、未だにTwitterをフォローしてストーキングしている。笑

*2:端的に言って面倒くさい。