Yufu Blog

ピアニスト、伴奏者、ピアノ講師をしています。 桐朋→ Manhattan School of Music(NY)卒業

Yufu Blog

ピアニスト・ピアノ講師の Yufu のブログです♪

【PTNAステップ】オールブラボー達成&「1日どれくらい練習したらいいの?」など【初心者の保護者の方からの質問コーナーvol.3】

MENU


PTNAステップでオールブラボーを獲得!


小1のTくんがPTNAピアノステップのフリーステージに初挑戦し、最高評価である「ブラボー」を審査員全員から頂きました

「オールブラボー」は、なかなか達成出来ることではありません。
素晴らしい!おめでとう!!\(^o^)/

これからも色々な曲に挑戦していきましょう♪


website も更新しています☺♫
yufuashitani.wixsite.com


教本の最速記録更新!

導入教材として使用頻度の高い『新版 みんなのオルガン・ピアノの本1』の最速記録が破られました!

5ヶ月で終わらせてくれました・ᴗ・♫
yufupiano.hatenablog.com
今回の記録を作ってくれたMちゃんは先月手を怪我してしまって、片手でしか練習できなかったので、それが無ければ更に1ヶ月早く、4ヶ月で修了できたかもしれません。

初めてレッスンに来た5ヶ月前は何も楽譜が読めなかったのに、毎回頭をすごーく使って楽譜読みをして、今は加線の音もスラスラ読めるし、両手でも器用に弾けます

ピアノを習い始めて、まだ半年経っていないのに、これだけ進歩したらすごいこと! これからも成長が楽しみです☺



保護者の方からの質問コーナー vol.3


さてさて、このコーナーも早いもので第三回に突入致しました。


期待されているのか、いないのかわかりませぬが、いつかどなたかにとって有益であればと思いつつ、更新致します。



今回も、始めたばかりの生徒さんの保護者の方からの質問。

どのくらいで曲が弾けるようになりますか?

進度に関してはですね、、、人によります


先程お伝えした通り、教材の進んでいく速さも一人一人それぞれ違います。
yufupiano.hatenablog.com
1回のレッスンで1曲だけ持ってくる人、10曲くらい持ってくる人、当たり前ですが成長のスピードが全く違いますよね。


同じ4月からピアノを始めても、普段から意欲的に練習する人は基礎力がついているので、秋の発表会もペダル付きの曲を暗譜で2曲くらい弾けるし、反対にのんびり屋さんでほとんど教本が進んでいない場合は、秋の発表会は一度スキップして、教本を進めることに専念したり…。

ブルグミュラーに行き着くのも、ピアノ歴2年目の人もいれば、5年目の人もいます。


いつ、どこまで弾けるようになるかは、おうちでの本人の頑張りと保護者の方のサポート次第だと思います。



ところで導入教材に関しては、私は最低2冊の本をお渡ししています。

  • 指のテクニック本
  • 楽譜が読めるようになるための本

一冊ずつにそれぞれ役割があって、どちらも曲を演奏するために必要なスキルが手に入るようになっています。



以前 【保護者の方からの質問コーナーvol.1】「楽譜が読めないのですが…」でも書いたのですが、おそらく世の中には「楽譜なんて読めなくてもいい」というお考えの方もいらっしゃることと思います。


ですが、それではいつか壁にぶち当たりますし、大人になってピアノを辞めてしまっても、楽譜さえあれば自分の力で弾くことが出来るように、と思って私は教えています。


今まで、他のお教室から「楽譜が読めない」生徒さんが何人かいらっしゃいましたが、私の生徒さんになってから全員楽譜が読めるようになりました

是非「楽譜が読める」という技術を、自分の財産にして欲しいと思います。



最初のうちは、真ん中の「ド」の音から始まって、保護者の方としては「これだけ?」と思われるかもしれませんが、すこし辛抱してお子さんの成長を見守ってあげてください。

真ん中の「ド」の音から音域が広がっていって、弾ける曲もどんどん増えていきます。自分で楽譜を読んで弾いていく喜びも必ず知ってくれることと思います。


1回や2回のレッスンで焦らないで!
きっとすぐ弾けるようになりますのでご安心くださいo(^-^)o


1日どのくらい練習すれば良いですか?

同じような質問に「何回弾けば出来るようになりますか?」というご質問もあるのですが、
このご質問も大変申し訳ないのですが、人によります。


今回、あまり答えらしい答えが出なくて心苦しいのですが、収得するスピードって、人それぞれなんですね。



例えば新しい漢字や英単語を覚えることを想像してみてください。

1回見ただけで覚えられる人、10回書いて覚えられる人、何度も何度も反復しないと覚えられない人、様々だと思います。



上手になりたい人は人よりもたくさん練習しようと頑張りますし、それぞれの目標にもよると思います。


ちなみにですが、私が小学生のとき、PTNAピアノコンペティションを受けるときは、先生に「1日12時間練習しなさい」と言われました。


PTNAは4曲の課題曲があるので、1曲につき3時間×4曲=12時間という計算でした。入賞するためには人よりも練習して、それを自信にしなさいという教えでした。

ピアノによって、私も忍耐力、集中力、問題に対処する能力などが養われたと思います。



ピアノ学習者の皆が皆コンクールを受けるわけではないですし、初心者の方に「1日○時間練習しなさい」とは、私は言いたくないです。


ただ、ピアノというのは「毎日の積み重ね」ですので、
1日どのくらいというよりは、まずは「毎日少しずつでもピアノに触れること」を目標にしてみてください。


「学校に行く前」「学校から帰ってきてから」「ごはんを食べる前」など、ある程度ルールを決めて、ルーティン化してしまうことがオススメです。


集中力がないと一気にたくさんの時間、続けて練習するのは難しいですから、例えばまず1時間練習するのでも、自分の集中力が保てるように、20分×3回など分けてみるのも良いと思います。


自分の生活スタイルに合った方法が必ずあるはずですから、日々の生活を見直して、ピアノに触れる時間を見つけてみてください。


にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング