Yufu Blog

ピアニスト、伴奏者、ピアノ講師をしています。 桐朋→ Manhattan School of Music(NY)卒業

Yufu Blog

ピアニスト・ピアノ講師の Yufu のブログです♪

生徒さんを自分の先生にレッスンして頂きました♪

MENU


恩師である長谷先生の特別レッスンを、私の生徒さんのMちゃんが受講しました。



私も付き添ったのですが、自分の生徒さんを先生に見て頂くのは初めてなので、ちょっと緊張した!!(*ノωノ)



Mちゃん母娘は、発表会やチャリティーコンサート以来、先生の門下生の亀井くんの大ファンで、
ピティナの特級ファイナルも大感動して帰ってきたそうだから先生に見ていただくのは嬉しかったと思うんだけど、
私としては、自分自身がレッスンして頂くのとは、また別の緊張感がありました。

関連記事:



緊張

Mちゃんも緊張してたので、
先生に「この曲はこういう特徴があるって先生に習わなかった?」って聞かれても無言で首傾げるだけだし、
えーーーーちょっと!!! 言ったよ!!! なんなら毎レッスン注意してるよ!!!! そこは「めちゃくちゃ教えてもらってます」って言ってくれないと!!!!!!!
と内心思いましたが、あんまり出しゃばるのもどうなのかなと思って、我慢して黙っていました(笑)



まあ緊張するよねー。


そういえばMちゃんは、私のところに初めて来たときも、思ってることがあるだろうことは顔見てたらわかるのに、大人しくて全然答えなかったなあと、ふいに思い出しました。

あの時はお母さまが堪らずに「日本語忘れちゃったみたいです」って突っ込んでたけど(笑)


私も子供のときは、先生の前で大人しくしてるタイプだったわ。気持ちはすごくわかる。



フィジカル面でも…

レッスンは、体や指のへんなクセをズバズバ注意していただけて、私としても有難かったです。



音楽的なことと身体的なことを同時に注意してもらえると分かりやすいなー、と改めて実感。


それは自分が学生のときにかなり感じていたことなので、自分のレッスンのときも、両面から伝えていけるように気をつけてはいるのですが、先生のレッスンはやっぱり勢いが違いました。私も勉強になりました。


師弟関係

でも自分の生徒さんを、自分の先生に見て頂くのはやっぱり不思議な気分。


孫弟子にあたるのか………などと考えてしまいました(笑)



「あの練習させた方がいいよ」って助言を受けたら「はい、わかりました。あれですね」ってなるし、師弟関係って改めて考えるとすごい。
Mちゃんは「え? どれの話???」みたいになってたけど。
また今度通常レッスンのときに教えるから待たれよ(^q^)


私の引き出しに先生から教えて頂いたことが色々入っているっていうことは、有難いなあ。
もっと自分自身も頑張っていきます。。


まとめ

ちょっと緊張もしたけど、すごく面白い経験でした。


「言ったらすぐ直るから頑張ってね!お肉食べないとだめだよ!」と声も掛けて頂いて、本人も帰るときはにっこりしていました。最後にやっと緊張が解けたかな(笑)


先生には本当に感謝です。

Mちゃん、また頑張ろうね〜!!*\(^o^)/*



人気ブログランキング
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村