Yufu Blog

Yufu Blog

ピアニスト、伴奏者、ピアノ講師をしています。 桐朋→ Manhattan School of Music(NY)卒業

Yufu Blog

ピアニスト・伴奏者・ピアノ講師の芦谷ゆふのブログです♪

退会してしまう生徒さんに…💝

MENU

もう新学期が始まっている幼稚園・学校もあるようですね。

いかがお過ごしですか。




年長さんの男の子が小学校入学準備のために他の習いごと(塾など)で忙しくなってしまい、残念ながら今日で退会してしまうので、プレゼントをお渡ししました。


プレゼントと言っても、心ばかりのものなのですが。
渡したときに、ぎゅーと胸に抱きしめてくれて嬉しかったなぁ。
使ってくれるといいなぁ✩⃛*ෆʃᵕ ॢᴗ ॢᵕ)꒡◡꒡*ƪෆ*✩⃛

添えるお手紙を書きながら、なんだか一人でぐっときてしまいました。笑



この子は、もともと他の先生から移ってきたのですが、なんだか音符に恐怖心を抱いてしまっていたみたいで*1
半年経っても「ド」の音が覚えられなかったみたいなんです。


私がどちらか言うとのほほんとした性格だからか、
私が彼のために選んだ教材が幸運にも彼の興味と合致したからか、
私のところに来てからは、お母さま曰く、彼のなかで音符に対する恐怖がなくなったみたいで、突然するすると理解出来るようになったんです。




今や彼は、音の名前をちゃんと答えられるし(しかも、答えるスピードが確実に上がってる!)、楽譜を見ながら鍵盤の位置を正しく理解して弾けるし、リズムたたきも上手、音当てクイズも正解出来るからお耳でもちゃんと音が聴けているってことだし…。

⬆︎音当てクイズに使っている手作りのカード笑


「折角どんどん吸収してる時期で、こんなにわかるようになってるのに、今辞めちゃうのは勿体ないですね〜😫💦」とお伝えしたのですが、、




レッスンの度、お母さまと色々お話させていただくのだけど、
ある日「幼稚園で同じクラスの子も、ここのピアノ教室に通ってるみたいで*2、この間話を聞いてたら(ピアノへの取り組み方が)うちの子と全然違って、私、ショック受けちゃったんです」と、ぽつりと漏らされた言葉が、私のなかでとても印象強く残っています。




ですが。笑


私、周りと比べる必要ないと思うんです。
だって、彼は彼なりにとても頑張っていて、出来ることも増えて、こんなに成長したのはすごいことだから。


でも、お母さまのお気持ちもわかるところがあって、
だから、なんだか私もそのとき少しぐっときてしまって、
「人と比べなくていいんですよ。
その子がピアノを好きなように、○○くん(生徒さん)にも、好きなことや得意なことがあるじゃないですか。
このたった数ヶ月の間にも、○○くんには、出来るようになったことが沢山あるんです。私は○○くんがどれだけ頑張って、成長したか、知ってます。ここまで分かるようになったことは、すごいことなんですよ。
だから、焦らずに、○○くんに合う方法で、○○くんのペースでやればいいんです。人と比べる必要なんて全くないんです。こんなに出来るようになったんだから、誇っていいんです!!」

って、生意気にも熱く言ってしまったのだけれど(´・ω・`)


お母さまも、そのときご自分が思われてるよりも高い熱量で私が返したから、若干戸惑われたかも。笑
だって一番身近なひとが自分を認めてくれなかったら、子どもとしては悲しいじゃないですか。私だったらお母さんに一番褒めてもらいたいと思うと思うよ!笑





今回の退会は生徒さん本人の意志じゃないようで、今日でやめるってこともまだ理解できてなくて、
今日、レッスンに来る前にお母さまが「今日で最後のレッスンだよ」と言ったら「なんで?ピアノ教室なくなっちゃうの?」と答えたみたい。


えーん、そんなこと言われたら先生泣いちゃうよう( ꈨຶ ˙̫̮ ꈨຶ )
ピアノ教室は無くならないから、またいつでも遊びに来て!!




ピアノや音楽は好きでいてくれているみたいだし、私も彼に会えなくなっちゃうのはさびしいけれど、
いつかこうやってピアノをやった経験が、何かの力になってくれるといいなぁと思います。




もちろんピアノ講師の立場からすると、「いま辞めてしまうのは勿体無い❗️」と思ってしまうけれど(笑)、
でも、彼はこれからピアノ以外のいろんなことと向き合うことになるだろうし(学校のお勉強や新しいお友達とかね)、人生は大冒険だからね。

ゆふ先生はいつも、心の中で「がんばれ」とエールを送っていますよ(*´ω`*)





こういう気持ちにさせてくれる生徒さんと出会えたことは、私にとっても宝です(*´ω`*)

感謝の気持ちでいっぱい。
ありがとうございました。


人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

*1:恐らく、使っていた教材がその子にとって難しかったんだと思う

*2:別の先生の生徒さんだと思うんだけど、ピアノが大好きで、家で自分からピアノに向かい、練習しまくってるみたい。勿論そんな風にあったら素敵だけど、皆が皆そういう訳じゃないし、寧ろそれはレアなケースだと思う。
ピアノに限らずお勉強にしたってスポーツにしたってそうだけど、物事には色んな向き合い方があるもので、正解はないものです。
私だって子どものとき練習嫌いだったし、ピアノだって、好きになったのは大人になってからですよ。そして、今も別に練習が好きなわけじゃないしね。だから時々「うちの子、練習嫌いなんですぅ」っていうお母さまが現れると「練習嫌いなんて当たり前だ!!」と思ってしまう。笑
ご自分が進んで勉強するタイプだったか考えてみれば、わかることだと思うよ。笑