読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yufu Blog

ピアニスト・伴奏者・ピアノ講師の芦谷ゆふのブログです♪

荻窪音楽祭2016

荻窪音楽祭、終了しました!!

f:id:lemonpanic:20161114142347j:image

Gran Duoという素敵なホールでの本番でした( *´꒳`*)❤️

f:id:lemonpanic:20161114142405j:imagef:id:lemonpanic:20161114142417j:image

近頃、私は、初見から本番まで2週間以内でこなして、その間にちょこちょことソロの本番や軽いデュオでの本番、というスケジュールを過ごしているのですが、

まー今回のリサイタルプログラムの予想外に苦戦したこと。

f:id:lemonpanic:20161114142429j:image

すべては二曲目にあらせられるウェーバー大先生様御作曲の《協奏的大二重奏曲》が原因であるのですが。

前回のリハーサルの記事 荻窪音楽祭に向けてのリハ終了! - yufu blog でも書きましたけど、ピアノがすっっごく難しい。

 

音階、アルペジオ、半音階、三度、オクターブ、跳躍、トリル……ありとあらゆる難しい技術が思い浮かぶ限りすべて入っている感じ。

家で練習してたら、家族にピアノ独奏曲だと勘違いされていたくらい難しいです。そしてクラリネットも難しいらしい。合わせるのも難しい。難しい×難しい=超難しい。二週間でやるべき曲ではない(^q^)

ピアノの独奏で1ページ費やしている部分があるのですが、リハーサルのとき、共演の睦さんに「ピアノ独奏のところ、痺れるね」と言われたけれど、痺れているのは私です。別の意味で痺れてます。もはや麻痺していると言ってもいい。

 

この曲、原題が “Grand Duo Concertant” というのですが、実は今回の会場である『Gran Duo』の名前の由来にもなっているみたいです。この曲から名付けられたのかと思うと、もう、これからは気軽にGran  Duoだなんて呼べないですね。様付けで呼ばせて頂こうかな。笑

 

睦さんの話によると、この曲の初演ではウェーバー自身がピアノを弾いたそうで、それを考えるといかにウェーバーが技巧的に優れたピアニストであったかということが伺えますよね。もう喧嘩売られてるとしか思えません。腹が立つので買います。負けたくない。笑

f:id:lemonpanic:20161114142437j:image

今回は、兼氏規雄先生とも、伊藤睦さんとも初共演で、とってもとっても良い勉強をさせていただきました。素晴らしい機会を与えて頂いて感謝致します…!

規雄先生の落ち着いた、深くてまろやかな音に自分の引き出しの少なさを実感したし、睦さんの安定した技術力にも感服。

今回のリサイタルで、私自身、もっともっと頑張らねばという気にさせられました。

 

何より、同級生である睦さんの向上心が素晴らしいんですよね。「若い内にどんどん難しい曲をやらなくちゃいけないんだ!」という言葉を聞いて、lazyな我が身を大変反省致しました。笑

 

規雄先生のお父様の

康雄先生に「ゆふさん、来年ソロやってね!(΄◉◞౪◟◉‵)」と言っていただけたので、新しいレパートリーを増やして、頑張ります!

おかげさまで、新しい目標と楽しみが出来ました!まずは、プログラムを考える楽しみ(ω´∀`ω)

 

そして、来年4月に睦さんとウェーバーの《協奏的大二重奏曲》を再共演することが決定いたしました。

ウェーバー、またお前なのか…!笑

今よりも進化できるように、また気持ちを新たに頑張ります٩( 'ω' )و 


人気ブログランキングへ