Yufu Blog

ピアニスト、伴奏者、ピアノ講師をしています。 桐朋→ Manhattan School of Music(NY)卒業

Yufu Blog

ピアニスト・ピアノ講師の Yufu のブログです♪

明日の本番のお知らせ

MENU

宣伝です*\(^o^)/*

明日、千葉県柏市のさわやかちば県民プラザホールにて、伯母のピアノ教室の発表会があります。
今年も特別出演として、出演させていただくことになりました。


今回は25周年なので、色々と楽しい企画が満載だそうですので、お楽しみに!
入場無料ですので、お近くの方は是非いらしてください。

▼プログラム
http://ctashirops.org/Piano/pdf/2018pro.pdf



今回はオープニングで従姉と連弾もやります。


事あるごとに「連弾やりたい」と言っていた私の意向を汲んでくれたようで、私のやりたい曲を弾けることになりました。
ちなみにクラシックじゃないです。何を弾くのかは事前にネタバレしたらいけないのかな?
皆さん知らないかもしれないけど、私が昨年どハマりしてたゲーム音楽から数曲弾きます。
Yufu Blogの読者の方なら知ってるかも。笑



ソロは「今回はクラシック以外で!」とのお話でしたので、
カプースチンの演奏会用練習曲から『パストラール』、ソンドハイムのミュージカル『カンパニー』よりピアノ編曲もの『You Could Drive A Person Crazy』の二曲を弾かせて頂こうと思っています。


どちらも気軽に聴ける音楽です。



今回、曲目を選ぶのにかなり迷ったのですが、たぶん皆さんがイメージする私とは違う感じの曲目になったんじゃないかなと思ってます。
一応私なりに時期と、あと25周年ということで明るい曲を選んだつもりです。


どちらの曲も私にとっては新曲なのですが、まーー難しい。
難しくは聞こえないですが、まーー難しいです。




カプースチンは、弾きにくいのは知ってましたが、
昨年、川上昌裕先生の講座を聞きに行ったし、
友達が「若いうちに難しいものに挑戦しておかないとダメなのよ!」と言っていたのがやたらと耳に残っていたので、私としては敢えて修羅の道を選びました。笑


もうね、カプースチンはバッハです。



仕上げる練習方法がバッハと同じ。

ニューヨークの試験で平均律の長大なフーガを研究してたときと何ら変わりない。
研究しまくったお陰で良い点数取れて、審査員の先生方から身に余る高評価を頂けましたが。

▲当時、苦戦した跡


即興が主流の中、全部音を書き込みしてくれてるっていうのも一緒だし*1
カプースチンはバッハだなあと思いながら練習してます。


舞台で弾くのが恐ろしいのも一緒。
はっきり言って怖いです。事故ったら取り返しつかないし。


でも、20代後半になっても、この恐ろしさを与えてくれる場があるって、幸せなことだなと思います。




ソンドハイムの編曲ものは、ニューヨーク時代の先生が行った ソンドハイムの曲をピアノ用に編曲する大規模プロジェクト"Liaisons: Re-Imagining Sondheim" のなかの一曲です。
昨年ようやく楽譜が出版されたので、記念に私も一曲弾きたいなと思って、この中から聴きやすく、楽しい曲目を選択しました。

楽譜の中には「突然のバーレスク(ストリッパーのように!)」「こそこそする(泥棒猫のように!)」「突然ドラマティックに(偉大なるリストを凌ぐ!)」「(この4小節は簡単なので、観客に笑顔を振りまくのに最適な時間)」などなど、細かく様々な書き込みがあって、見てるだけで楽しいです。


他の曲もいろいろやってみたいな〜と思いつつ。


めちゃくちゃ緊張しますが、
この良い緊張感をじっくり味わって、楽しんでPLAYしてきたいと思ってます。



良かったら聴きにいらしてください♪♪*\(^o^)/*



人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

*1:バッハの生きていたバロック時代は、旋律とともに「通奏低音」という和声を表す数字(現在の「コード(chord)」のような感じ)を書き記すだけの楽譜が主流だった。音楽辞書イミオン
カプースチンも、ジャズミュージックは即興が主流のなかで、バッハのように音を全部書き込んでいる。