Yufu Blog

Yufu Blog

ピアニスト、伴奏者、ピアノ講師をしています。 桐朋→ Manhattan School of Music(NY)卒業

Yufu Blog

ピアニスト・伴奏者・ピアノ講師の芦谷ゆふのブログです♪

2017 DRAMA

MENU

f:id:lemonpanic:20161103145452j:plain

DRAMA

昨年は高橋一生ブームがすごかったですね。
別にいいんだけど、前からかなり沢山の作品に出演してるのに「何故いまになって注目された!?」という驚きがありました。笑

高橋一生さんと同じポジション*1にいるのは、眞島秀和さんだと私は思っているのですが、この流れからすると、彼にもいつか突然ブームが来たりするのでしょうか。
わからん。ブームの訪れ方がぜんぜんわからん……!

2017年に観たものを放送順に、過去作品は見た順で書いています。それでは、どうぞ!٩( 'ω' )و

※『直虎』だけ、やたら長いですが一年ものなのでお許しください。想いが溢れすぎました。
他の作品は、適度な長さなのでご安心ください。




連続ドラマ

おんな城主 直虎


はじめて最初から最後まで見た大河ドラマ!

「○○が死んだから、もういいかな」などの理由で、今まで大河を真剣に見たことがなかったんだけど、今回の大河は第一話から子役の演技に惹かれてハマってしまったし、魅力的なキャラクターが次々と現れるので、最後まで見せられた。

「井伊と言えば、井伊直弼じゃないの?」くらいの知識しかなかった私にとって、面白い題材だったし、

幼なじみの男二人が主人公に想いを寄せる…という少女漫画的関係性
ともすれば火花が散りそうな少年漫画的男の友情
ごちそうさまです(^q^)



好きなキャラクターばっかりで、私の中のランキングは
龍雲丸(柳楽優弥)
小野但馬守政次(高橋一生)
亀之烝(藤本哉汰)
の順で好きでした。

直政(菅田将暉)は入らんのかーい!!
って感じだけど、照れ隠しです! 好きです。

他にも傑山(市原隼人)も格好良かったし、和尚様(小林薫)も素敵だったし、たけさん(梅沢昌代)も面白くて大好きだった!!
第一話で亡くなった亀のお父さん(宇梶剛)も好きだったなあ。。
あ、もちろん直虎(柴咲コウ)も!(^q^)

宝久(ムロツヨシ)は、たまに「NHKだけど、いいのか!? 福田雄一作品じゃないぞ!?笑」っていうノリのときもあったけど好きでした。笑
あと、やっぱり阿部サダヲさんが10歳の家康を演じるっていうのは無理がありすぎた。
何度思い返しても、何故子役を使わなかったのかと…!笑

しかし、政次の死は泣けましたね。すごく辛かった。
私の父なんて、政次の死を受け入れたくなくて未だにこの回だけ見てないです。笑
「そこは見届けてあげてよ!」と思ってます。

菅野よう子さんの音楽もほんとに好きだった。

どの曲を聴いても映像が蘇ってくるのがすごい。ちょっと絞れないので色々載せちゃいます。
バルトークに似てる曲もあって、是非紹介したいんだけど、タイトルがわからない。

龍雲丸のテーマが流れるだけで、画面の前でわくわくして座り直した。一番好きな曲。

五嶋みどりさんのヴァイオリンの唄わせ方が素晴らしくて、何度聴いてもぐっとくる。

やったぞー!って気持ちになる(ω´∀`ω)

イケメン・亀の思い出の曲🐢
おとわと鶴が喧嘩したときに、体の弱い亀が何を言うでもなく笛を吹くのが格好良すぎた。
亀を象徴するこの曲が虎松に受け継がれたシーンも泣けた…! 寺田心くんがひゅーひゅー言いながら吹いてた。
喧嘩の仲裁をするときに是非使いたい曲 No.1

はじめて聴いたとき、『天空の城ラピュタ』の『ナウシカ・レクイエム』を思い出した。女の子の歌が独特の空気感を作ってる不思議な曲。

どことなく『サリーガーデン』っぽい




第44話『井伊谷のばら』より

あと、個人的に「おおっ!」と思ったのが、直虎のお母さんが手紙を出すとき、差出人が「ゆふちん」になってたこと。
ごめんなさい、どうでも良い話でした。笑

それから、これはほんとに全然関係ないのですが、ダイハツのミライースのCMで高橋一生さんと子役の藤本哉汰くんが共演していて、「政次と亀が…!」と興奮しました。笑



カルテット


久々のヒットドラマ。

近年観たドラマの中でもかなり良い。
脚本も、俳優も、音楽も、映像もすべて良かった。大好きなドラマ。

とにかく脚本が好き。セリフの言い回しも独特で面白い。
その独特の言葉にうまくキャストが乗ってるのが素晴らしい。自然。全然わざとらしくない。

唐揚げにレモンをかけるかかけないか、ということから夫婦の在り方を問うたり、
音楽で食べていきたいけどそこまでの腕ではない、セミプロミュージシャンズの苦悩みたいなものも描いてあって、とても良かった。

椎名林檎プロデュースでキャスト四人が歌っている主題歌も素敵。何回も聴いた。

間違いなく、今後何度も見返すドラマ作品だと思う。



A LIFE 〜愛しき人〜


「木村拓哉の視聴率を上げるために見るんだ!」とスマップ解散による謎の使命感を燃やした母と一緒に見始めたドラマだったけど、面白くてハマってしまった。

木村拓哉さん扮する外科医・沖田先生の格好良いこと。
アメリカ・シアトルで修行した腕で、どんな難しいオペでもこなしちゃうんだけど、
シアトルに行っている間に自分の恋人(竹内結子)が親友(浅野忠信)と結婚してしまってるの。しかも、彼女は東京の大病院の院長の娘で、親友は婿入りして副医院長という、なんとも…な関係。

2004年放送ドラマ『プライド』を観ていた私にとっては木村拓哉さんと竹内結子さんの「元恋人」という設定での共演は熱かった。

また、今作で初めて木村文乃さんを知ったのだけれど、クールで聡明な感じがオペナースの柴田さん役にぴったりだった。
松山ケンイチさんの演じたキャラクター(若手外科医・井川先生)も大好きで、個人的には最近見た松ケンのなかで一番好きな役。笑


東京タラレバ娘


東村アキコの同名漫画のドラマ化。

原作を途中までしか読んでないから結末も知らず普通に楽しめたけど、KEYくん(坂口健太郎)の毒舌が漫画よりドラマの方がマイルドになってる気がした。東村アキコ作品は、もうすぐ月9で海月姫もドラマ化するので楽しみ。


恋がヘタでも生きてます


漫画原作の恋愛コメディー。

通称『恋ヘタ』。

たまたまテレビを付けたらやってたから見始めたんだけど、意外と面白くてハマってしまった。
主人公の女性が、仕事では厳しくて周りに恐れられてるのに、実は恋愛処女というギャップがあるのが良い。

総合商社で仕事一筋に働くキャリアウーマンの美沙は、日課のジョギング中に犬を散歩させている男性・雄島と知り合う。女性として初の「主任」候補となり、仕事もプライベートも充実し始めていると感じていたが、自分が就くと思っていた「主任」に任命されたのは、てこ入れのためにアメリカから呼び戻された社長の甥で敏腕営業マン・雄島だった。

一方、美沙のルームメイトで大手百貨店の受付嬢をしている千尋は、大学時代から付き合っていた恋人の浮気を知ってしまい、ショックを受ける。

ようやく理想の男を見つけたと思った美沙、信じていた婚約者に裏切られた千尋、恋愛下手な2人は幸せを手に入れられるのか。
恋がヘタでも生きてます - Wikipedia

今までそんな風に思わなかったのに、このドラマで初めて田中圭さんの魅力に気づいた。可愛い…!
もしかしたら東京タラレバ娘の余韻も残ってるからかもしれない。
ぐぐったら既婚者だった。ちょっとがっかりした。

オープニングミュージックがランチの女王となんとなく似てて、それもぐぐったらどちらも吉俣良さんの作品とわかり、私の中でちょっとした吉俣良ブームが来ました。



Woman (2013)


信じられないくらい、ぼっろぼろ泣いた。

これだけ2013年の作品。

カルテットロスだったので、キャストで過去作品を検索してたら《満島ひかり》さんと《高橋一生》さんの名前を見つけた。そんな気軽な気持ちで見始めたのに、毎話ぼろぼろ泣きながら見た。

小春(満島ひかり)は夫(小栗旬)を事故で亡くし、2人の子供を抱えるシングルマザー。子供たちへの愛情を活力に必死で働くも生活は困窮する。そして生活保護申請をきっかけに、かつて自分を捨てた実母の紗千(田中裕子)と再会。さらに難病の発覚、夫の死の真相…と辛い出来事が降りかかるも、小春は困難を乗り越え家族で共に生きる事を誓い、そして紗千との母子関係も少しずつ取り戻して行く。
Woman (テレビドラマ) - Wikipedia

坂元裕二さんのオリジナル作品で、今期放送される広瀬すずちゃん主演の『anone』もとっても楽しみです。

Mother』も『Woman』も好きだったし、絶対見る(*´ω`*)



ボク、運命の人です。


野ブタ。をプロデュース』の大ファンだった私としては、亀梨和也さんと山下智久さんの共演は見ざるを得ない。

木村文乃さんも『A LIFE〜愛しき人〜』で好きになってるので、キャストが私得(^q^)

修二と彰ぶりに亀梨くんと山Pがコンビを組んで主題歌を歌ってるのが嬉しくて…! 企画してくれた大人の皆さん有難う(^q^)(^q^)(^q^)
CDジャケットも良い。亀梨くんこの髪型、修二っぽくて良いよ…!

主人公の正木誠(亀梨和也)が、ヒロインの湖月晴子(木村文乃)に振られながらも彼女を運命の人と信じ、自称・神を名乗る謎の男(山下智久)の助言を受けながら告白をし続けるラブコメディ。
ボク、運命の人です。 - Wikipedia

ドラマ自体は気軽に楽しく、笑いながら見れる恋愛コメディーでした。
満島真之介さんも面白かったです。

知らなかったけど、第21回日刊スポーツ・ドラマグランプリを受賞していて、作品賞、主演男優賞(亀梨和也)、助演男優賞(山下智久)、助演女優賞(木村文乃)と総なめしてたらしい。



ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん


FFで親孝行!? ブログ実写化作品。

光生はある日、仕事熱心だった父親が突然退職したと聞きその心境を案じる。しかし、幼いころに行き違って以来いつの間にか父子の間では会話がなくなっていた。その悩みを『FFXIV』の仲間(FCメンバー)に相談したところ、ゲーム内に父親を招待すれば、と提案される。

父親、博太郎の操作するキャラクター「インディ」に、あえて息子であることを隠して近づき、フレンド登録して共に冒険を続け、現実とオンライン上を行き来しながら父親のゲーム攻略をサポートし、攻略終盤のボスを倒した後に正体を明かす……。それは数ヶ月がかりの、壮大なオンライン育成プロジェクトであった。
ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん - Wikipedia

意外にも、千葉雄大くんよりも大杉漣さんの可愛さが際立つドラマ。

視聴率良くなかったみたいだけど、深夜帯だからな〜。
こんな面白いのに見てる人が少ないなんてほんと勿体無い。

私はファイナルファンタジーをプレイしたことはないけど、全然関係なく、面白かったです。
とりあえずMMORPGを少しでもやったことがあれば、「わかるわかる!」ってゲラゲラ笑えるし、お父さん可愛すぎるし、このわいわいした感じが楽しいです。



愛してたって、秘密はある。


この物語の主人公の「秘密」は、人を殺したこと。
主人公·奥森黎(福士蒼汰)は、中学生の頃に母親(鈴木保奈美)をDVから守るため、
父親を殺害した過去がある。
彼の殺人は、父親が失踪扱いになったことで、母と2人だけの「秘密」となった。
「自分には友人も恋人もいらない」と、誰とも深く関わらず慎ましく生きてきた主人公だったが、ある女性(川口春奈)と出会って恋に落ち、彼女と母が望むなら…と結婚を決意する。
しかし、プロポーズの直後から「秘密」を知る何者かからの不気味なメッセージが届き始めて…!?
愛してたって、秘密はある。|日本テレビ

あらすじが面白そうだったので見てみました。

実際面白かったんだけど、終わり方が消化不良。
「この続きはHuluで!」とか流れて「ハァ!!!?」ってなりました。
予告で福士蒼汰くんが一人二役(?)していて、「ちょっとこれは福士蒼汰くんが自身の殻を破ったのでは…!」と思ったし、面白そうで見たかったけど、どうもHuluのこの手法が好きになれない。笑

あと最終回のまとめ方が綺麗ごとすぎて「現実を見ろ!」と思いました。終わり方が残念。


トットちゃん!


黒柳徹子さんの恋愛が初めて描かれたノンフィクションドラマ。

最高に面白いドラマだった。

何よりすごいのが、これが実話ってこと。
徹子さんの学生時代の話や戦時中の話、お父様とお母様の馴れ初めや、NHK時代のこと、徹子さん自身の恋の話まで盛り沢山。

徹子さんの浮いた話なんて、これまで聞いたことがなかったけど、40年間誰にも打ち明けずに遠距離恋愛していたなんてすごい。徹底してる。
お相手は海外在住の外国人ピアニストだったらしいのだけれど、その方が亡くなったので交際が終わったとのこと。
それって、終わってないですよね。永遠の交際って気がする。格好良い。

それから、小澤征悦さんのインド人役が似合いすぎててわらった(ノ∀`)!!

衣装も徹子さん本人のものを使っていたり、見てるだけでも楽しいドラマでした。おすすめです◎



1話完結モノ

地味にスゴイ!DX 校閲ガール・河野悦子


復活スペシャルドラマ。

忘れてたけど、悦子は憧れの『Lassy』編集部に異動になったんだったね(^q^)(^q^)

幸人に浮気疑惑浮上したり、相変わらずドタバタで面白かったです。

↓菅田くんのこの髪型好き。これがいい!これでいてくれ〜〜




人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

*1:イケメンで、多数の作品に出演しているのに、そこまで脚光を浴びてない俳優という意味合い