Yufu Blog

Yufu Blog

ピアニスト、伴奏者、ピアノ講師をしています。 桐朋→ Manhattan School of Music(NY)卒業

Yufu Blog

ピアニスト・伴奏者・ピアノ講師の芦谷ゆふのブログです♪

9月 観た映画:4作品

MENU

4月を最後*1にずっと映画が観られない日々が続いていたので、久しぶりに映画まとめができます!


いくぜ! =͟͟͞͞ʕ•̫͡•ʔ =͟͟͞͞ʕ•̫͡•ʔ =͟͟͞͞ʕ•̫͡•ʔ =͟͟͞͞ʕ•̫͡•ʔ


劇場版 黒執事 Book of the Atlantic

19世紀英国――
名門貴族ファントムハイヴ家の執事セバスチャン・ミカエリスは、13歳の主人シエル・ファントムハイヴとともに、"女王の番犬"として裏社会の汚れ仕事を請け負う日々。
ある日、まことしやかにささやかれる「死者蘇生」の噂を耳にしたシエルとセバスチャンは調査のため、豪華客船『カンパニア号』へと乗り込む。
果たして、そこで彼らを待ち受けるものとは――。

たまたまYouTubeを開いたらライブでやっていたので観ました。
すごいっすね、YouTubeで映画配信する時代だ。。笑


黒執事のアニメシリーズは全部観たと思っていたけど、全然観ていませんでした。
セバスチャン死亡説が出ていてアレ?(゚Д゚)と思いました。


セバス死んだのかーーー!?
近いうちに前作も観たいと思います。

『Book of the Atlantic』は、とにかくCGが印象的でした。これが劇場版…!

内容は、ホロリと来るところ有り、笑えるところ有り、ハラハラドキドキも有り、、という感じ。
フェニックスポーズは必見。こちらまで恥ずかしくなるよ(ノ∀`)

一番の大きなポイントは葬儀屋さんことアンダーテイカーの正体がわかったところですかね。
また一波乱ありそうで、続きが気になる…



冷静と情熱のあいだ

イタリアで、美術絵画の修復師の修行中の順正は、この地でかつての恋人あおいに再会する。彼女とやり直したいと願う彼だが、あおいには裕福な恋人と打ち込める仕事があり、彼の入る余地はなかった。そんなときアトリエで事件が起こる…。
辻仁成と江國香織が、ひとつの恋愛を男女それぞれの視点でつづった原作を、TVドラマ界の人気監督・中江巧が演出。竹野内豊、ケリー・チャンという美男美女の主演、フィレンツェ、ミラノのロケなど、美にこだわったビジュアルが、悲恋を大いに盛りあげる。竹野内があおいとの過去、アトリエでの事件などに苦悩する主人公を表情豊かに演じている。また順正の恋人を演じた篠原涼子が、彼への熱い思いをほとばしらせる熱演を見せており、一見の価値ありだ。(斎藤 香)

有名作品だけど、初めて観ました。

先月は台風がきていたときに私の中でだけ「吉俣良祭」が行われていて、吉俣さんの音楽を聴きたいというだけで鑑賞しました。

全体的な感想としては、とりあえず竹野内豊さんが若くて可愛い。
こんな男に一途に想ってもらえる幸せよ。。笑

最後、笑顔で手を振る彼にもうイチコロですよ。可愛い〜笑



内容としては、ぶっちゃけよくわからなかった。

というのも、イタリア語や英語が出て来るのに私が字幕なしで観ていたというのもあるし(英語はまだ良いとして、イタリア語は完全に想像するしかない)、私自身に色気がないということがあって、恋愛的な意味で「何でここでこうしたの?」とか「何でこうしないの?」ということが結構あった。この回りくどさの必要性がよく分からないのよ。。
これが辻仁成と江國香織ワールドなんだろうなと思いました。原作読んでないけど。


あと、私なら篠原涼子にこんなに言い寄られたら彼女にもうちょっとなびくと思う😂😂
キャストが違えば、感想も変わりそうなストーリーだ。



アンフェア the movie

篠原涼子が孤高の女刑事を演じる人気TVドラマシリーズの劇場版。警視庁公安部の警部補・雪平夏美は警察内部の不正について捜査していた。そんな中、娘の美央がある事件に巻き込まれて怪我を負い、さらに搬送先の病院がテロリストに占拠されてしまう。

シリーズ未鑑賞。

NYに留学していたときに友人がこのシリーズの大ファンで「えっ、アンフェア見たことないの!? じゃあ私がゆふちゃんにアンフェアを見せてあげる!!」と言ってくれて、眠い目をこすりつつ朝方5時くらいまで一緒に見たんだけど、
最初に見たものは映画でなく映画に繋がるための特別ドラマで*2「中途半端なところで終わるし、よくわからん!!笑」という感じで、「じゃあもうドラマ見よう!これがベストだよ!」とドラマ見たのですが、遂に序盤(2話くらい)までしか見られなかった思い出があります。笑

今作は、アンフェアに対して、そんな拙い知識しかない私でも楽しめる内容でした。
誰が味方で、誰が敵かわからない緊張感とスリル。


特に印象に残ったのは、やはり成宮くん。
成宮くん、いま何処で何してるのでしょう…心配(´・ω・`)

ラストシーンの成宮くんの後ろ姿が素敵でした( *´꒳`*)



キセキ -あの日のソビト-

松坂桃李と菅田将暉のダブル主演で贈る、GReeeeNの名曲「キセキ」誕生にまつわる“軌跡"と“奇跡"を描く“輝石"の物語!
歯医者も歌も、どっちも本気!前代未聞の覆面ボーカルグループ!誰もが知る名曲誕生にまつわる“軌跡"と“奇跡"を描いた“輝石"の物語。
厳しい父の反対を押し切り家を飛び出したミュージシャンの兄ジン。父の想いを受け、歯医者を目指す弟ヒデも、仲間と共に音楽の魅力に引き寄せられていた。音楽に挫折していた時、弟たちの才能を知ったジンは、そんな彼らに自分の夢を託すことを決意する。
歯医者はやりたい、歌もやりたい。でも恐ろしい父親には絶対に言えないーー。そこで彼らがとった、ありえない作戦とは!?それは前代未聞の顔出し無しのCDデビューだった・・・。

何故あえてGReeeeNを映画化…?と思っていたのだけど、普通に青春映画として楽しめました。

GReeeeNは曲が好きで、大学時代にTSUTAYAでCDを借りたりしていたので、覆面歌手で、実は歯科医ってことも知ってたけど(「○○に歯医者があって、練習とかレコーディングもそこでしてるらしいよー」と話題になってた)、GReeeeN結成の話や、お兄さんがパンクロックやってたことなどは知らなかったなあ。

お兄さん(JIN)役の松坂桃李氏がかっこよかった!!!笑
中学時代はパンクロックが好きでよく聴いてたので、懐かしく、また、中学時代を思い出してすこし恥ずかしく感じながら観てしまいました。笑


これは、松坂桃李さんと菅田将暉くんのダブル主演ってことだけれど、ほぼ松坂桃李さんが主役だよね…? 私はそう思った。
今はもう成功されてるから良いんだろうけど、売れなくてくすぶってるJIN兄ちゃん(松坂桃李)を見てるのがつらかったです。
自分がやりたい音楽がうまく行かなくて、それでも弟の才能を認めて、プロデュースして口利きしてあげる覚悟って、すごいと思う。単に裏方に回る覚悟と違うよ。

弟(菅田将暉)は弟で、好きなことしてる兄の下で親の期待を一身に背負ってしまって色々あるんだけど、何だかんだ上手いことぽんぽんぽーんと世の中渡ってるなぁという感想。


役者陣はグリーンボーイズとして歌も出してるけど、みんな歌も上手で好印象でした◎

曲だけでも聴いてみてくださいʕ•͡౪•ʔ
菅田くんやっぱ歌上手いな~


GReeeeNや役者陣が好きだったり興味のあるひとにはオススメの映画でした! GReeeeNのうた、久々に聴いたけど、やっぱいいですよ!笑

大学時代にやってたブログにも、そういえばGReeeeNネタ書いてたなぁ、と懐かしくなりました。


人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

*1:しかも記事にし忘れてるオチです。笑

*2:友達も映画だと思い込んで再生していた笑