Yufu Blog

Yufu Blog

ピアニスト、伴奏者、ピアノ講師をしています。 桐朋→ Manhattan School of Music(NY)卒業

Yufu Blog

ピアニスト・伴奏者・ピアノ講師の芦谷ゆふのブログです♪

2月 観た映画:2作品

今回は少なめです(・∀・)

もしかしたら、どちらの作品も日本ではマイナーの部類に入るのかな?
インターネットで検索しても、あまりレビューが出てきませんでした。




毎度のことながら感想はネタバレ注意なので、OKな方だけ見てください。

ちなみに1月分はこちら。






DOFUS Livre 1 : JULITH (2013)

事前知識無しに観たけど、フランスのMMORPGオンラインゲームのアニメ映画化らしい。
フランスのアニメは初めて見たけど、面白かった…!!
フランス語が聞こえなかったら、まさかフランスのアニメだとは思わないです。寧ろちょっと日本っぽい。
やっぱり、「王道で面白い」は最強だと思います(^q^)

タイトルに『1』とあるけど、『2』もあるのだろうか?笑

■予告編



以下、箇条書きで感想をメモʕ•̫͡•ོʔ

  • ケルビム(フライヤー左)はずっとタヌキだと思ってたら、最後「にゃーん」とか言ってたんで、「おまえ……ねこだったのか」となった。金色の装備でヌンチャクを振り回したりして、とても格好よかった
  • カーン(左から2番目)は、見た目は全然格好よくないのに人気者で、テンプレートな女性ファンの黄色い声援にわらった。
  • カーンは、普段皆からちやほやされるスーパースターなのに、意中の女性(バカラ・右から2番目)から酷い扱いを受けたり、カーンにつれない態度を取り続けるバカラも、意に反して時々彼にうっとりしてしまったり、わかりやすいあるある展開なんだけど、だがそれが良い
  • 家族や友達への愛、自分が信じる正義が必ずしも世のため人のためになる訳ではないこと、正義は人の数だけ存在すること等々、いろんな想いがぶわっと溢れた。欲しいものを手に入れるためには大きな代償が伴うことも大事なメッセージかな
  • 私が好きだったのは、最初は「家族を失わない最善の方法は家族を持たないことよ」と言っていたリロッテ(右)が、大好きな友達ジュリス(中央)が本当の家族と共に去るのを見送りながら、届かない声で「ジュリス…でも私達も家族なのよ」って呟くシーン。血縁者だけが家族って訳じゃないよね(´;ω;`)一緒に暮らして来た仲間も大事な家族なんだよ…!うわーん(´;ω;`)(´;ω;`)(´;ω;`)
  • リロッテの声を担当してらしたClaire Baradatさんも良かったなあ。私の好きな声だった







地平線のキックオフ (2013)

地平線のキックオフ [DVD]

第20回京都国際子ども映画祭グランプリ
ドバイ子ども国際映画祭観客賞
クーリブカ・アフリカ映画祭特別パフォーマンス賞

スイスのベテラン監督とエチオピアの映画アカデミーの教え子達スタッフが総力あげての新鮮・感動・奇跡のコラボレーション!すでに50か国以上の映画祭から招待され、2016年8月の京都国際子ども映画祭ではグランプリを獲得。
主役のアドマス役に抜擢されたヘノック・ターデレは、実際に身寄りのない路上生活少年。本作の出演がきっかけで、住む家を得て学校にも通えるようになった。

【あらすじ】
メッシに憧れる12歳のストリートキッズ、アドマス。アドマスの住む町にサッカー業界の大物フランツがやってきた!アドマスは、彼に近づこうと日論む――。富と貧困、権威と無名、対極にいる二人が、反撥しあい、時に助け合いやがて心を開くとき、それは自分自身の姿に気がついたときだった。

この映画に関して、自分は感想を書き残してなかったんだけど、それはきっと、そのときの感情をどう書き表したらいいかわからなかったからだと思う。

アドマスは、強く願う夢を持っている少年で、周りの子供たちのように「無理だ」とすぐに諦めることもなく、環境のせいにすることもなく、現状に不満を言わず、自分の出来ることからコツコツと努力していて、諦めずに目標のために積極的に行動する様がとても印象的だった。したたかだけれど。生きていくには必要なスキルだよね(^ω^三^ω^)

特別「とても良い話だった…!!」という訳でもないのだけれど、なんだか心に残る作品。




人気ブログランキングへ